ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

マネージャー

 ニューリリースのオファーをしたとき、アーティスト本人と直接やりとりができると話が早い。逆にマネージャーが出てくると、たいていの場合、話がややこしくなる。その都度アーティストの了承が必要だから(当たり前だけど)、話もなかなか進まない。僕はまわりくどい交渉事が好きじゃないので、最初のメールでこちら側の最終的な条件を提示するようにしている。しかし、向こうはそこから交渉を始めようとする。そこで「こちらの条件は送った通りね。変更はなし。イエスかノーかでお答えください」と伝える。アーティストだとそれですんなりいくことが多いが(イエスかノーかは別にして)、マネージャーが絡むと、そこからが長い。

 昨夜から今朝にかけても、オファー中のアーティストのマネージャーさんからメールがあり、順調と思われていた話に暗雲が立ちこめてきた。まぁ、できるだけいい条件を得るのが彼らの仕事だからしょうがないのだけど、僕としては同じ内容のメールを何度も送ることになるから、けっこうめんどくさい。なんであれ、いろいろ言ってくるのは興味がある証拠なので、根気よくいこう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-08 09:37 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2011-07-08 11:05 x
MIYAIさん、お疲れ様です。

気が滅入ることもあるでしょうけど、適度に気分転換してくださいね。
いつも、MIYAIさんの頑張りを遠くから応援しています。
海が近くにあって羨ましいです。秋になったら江ノ島までドライブに行きたいです。
稲村ガ崎は想い出あるとこでして、当時の色々な娘を連れて行きました(笑)。
湘南海岸は、やはりみんな憧れる場所なんですよね、自分は横浜育ちだから、
憧れと言うよりも、よく自転車に乗って、初日の出を見に行ったり、サイクリングがてら、江ノ島で屋台のサザエ食べたりしたトコなので、
昔懐かしい青春の場所になっています。秋には妻と2人の娘を連れて行こうと思っています。

こちらもリンゴを引き続き聴いています。昨日は89年来日時のパンフレットを引っ張り出してきて、改めて見たのですが、リンゴを囲んだオールスターメンバーの写真に感極まってしまいました・・・。リンゴの上に写っているビリー・プレストンが両脇の2人の肩に手を伸ばしているんです。その2人がクラレンスとリック・ダンコなんです・・・。クラレンスもビリーもニッコリと笑っています・・・。All Things Must Pass・・・
Commented by sandfish2007 at 2011-07-09 20:34
◇jerryさん
どうもありがとうございます。別に気が滅入ってるわけじゃないので、大丈夫ですよ。

稲村ケ崎は僕も学生の頃によく行きました。今も大好きな場所ですが、どういうわけかすっかり行かなくなりました。なんでだろう?僕もjerryさんと同じで、この辺の海が馴染みです。海の近くで暮らそうと思ったとき、やっぱりここがいいなと思いました。

リンゴ&オールスターズのパンフレットは僕も持ってますが、そうですかぁ、そんなショットがあるんですねぇ。しみじみ。

MIYAI
<< ポジティブなエネルギー 71年と17年 >>