ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ジョン・リーゲン、4年ぶりの新作をリリース!

 昨日ツイッター等で既につぶやいた通り、ジョン・リーゲンの4年振りとなる新作をリリースします。タイトルは『レボリューション』。発売日を8月20日(土)と決めたので、あと1ヶ月ちょっとです(本国は9月発売予定)。早速、歌詞を僕がもっとも信頼する翻訳家=佐藤幸恵さんに送りました。いつもライナーと帯の制作を担当してくれている村尾靖宙くんが本業多忙につき手がまわらないということで、今回は僕が自分でやることにしました。慣れないグラフィック系ソフトをさわさわといじりながら、手探りではじめてるところです。ライナーも僕が書きます。来週には受注活動に入ります。都内をあちこちまわるつもりです。HP上ではいちはやく予約を開始するつもりです。試聴もできるようにします。無事に帯とライナーが印刷され、ジョンからCDがどっさり届いたら、地道なパッケージ作業です。それから関係各所へお知らせ。サンプルの発送。商品の発送。リリース・デイトを迎えます。

 アルバイトが週に4日もあると、これだけの行程をひとりでこなすのはなかなかハードです。でも、それが楽しかったりもします。『レボリューション』、素晴らしい作品に仕上がってます。こちらでほんのさわりだけ聴けます→link。タイトル・チューンの“Revolution”です。フルで聴かせられなくてごめんなさい。

 では、アルバイトへ行ってきます。皆さん、良い1日を。

 宮井 章裕

------<プレス・リリースより>------

●Jon Regen『Revolution』
 ジョン・リーゲン『レボリューション』

品番:SFR-004
税込価格:¥2,500
税抜価格:¥2,381
発売日:2011.08.20
POS番号:4582384550044
※ライナーノーツ/歌詞・対訳付

アンディ・サマーズ(ザ・ポリス)、ベンモント・テンチ(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)参加。
ロブ・トーマス(マッチボックス20)、デヴィッド・マッカルモント(マッカルモント&バトラー)との共作曲あり。

珠玉のメロディ。リリカルなピアノ。心に沁みるビター・ヴォイス。

ジョン・リーゲンの4年振りとなる新作が完成!前作『レット・イット・ゴー』は傷ついた心の痛みを綴った傑作だったが、今作では持ち味である切ないフィーリングはそのままに、そこから1歩足を踏み出そうとする意志や明るさが感じられる。美しいバラードにミディアム・テンポのナンバ−、70年代ライクなロックン・ロールもあり、それぞれがバランス良く配置され、オープニングからラストまで一気に聴かせる。全曲がジョン自身のペンによるオリジナルで、メロディ・メイカーとしての有り余る才能を遺憾なく発揮している。そのうちM-4はロブ・トーマス(マッチボックス20)との、M-9とM-10はデヴィッド・マッカルモント(マッカルモント&バトラー)との共作だ。

ゲストには、前作に続いての参加となるアンディ・サマーズ(ザ・ポリス)をはじめ、ベンモント・テンチ(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)等が名を連ねている。ミックスはザ・スミスやライアン・アダムス等のプロデューサーとしても有名なジョン・ポーター。プロデュースはジョン・リーゲン自身とマット・ローリングスが共同で務めている。

聴きどころは多数。オープニングを飾る美しいタイトル・チューン<Revolution>、切ないメロディが胸を打つ<Delores>、陽射しが降り注ぐような<Just Waiting for Now>、ハートブレイキングな<One Part Broken, Two Parts Blue>、全盛期のエルトン・ジョンを思わせるロックン・ロール・チューン<Fighting for Your Love>、アンディ・サマーズのギターが印象的な異国感漂う<Spirits of the Soul>、デヴィッド・マッカルモントのヴォーカルを大々的にフィーチャーした<Run Away>等々。時代が移り変わろうと、いつまでも聴き続けることのできる歌だけが、ここには収められている。

<プロフィール>
ニュージャージー出身。10代からプロのジャズ・ピアニストとして活躍。ジミー・スコットに認められバックを務める。2000年に自身のバンドによるリーダー作を発表。ジャズだけに収まらないシンガーソングライターとしての才能に注目が集まる。2007年ソロ・アルバム『レット・イット・ゴー』を発表。傷ついた心をトータルに歌い上げた傑作として高い評価を受けた。

<Track List>
1. Revolution 
2. She's Not You (But Tonight She'll Have to Do) 
3. Delores 
4. Just Waiting for Now 
5. Excuse Me, But It's Not Supposed to End Like This 
6. One Part Broken, Two Parts Blue 
7. Fighting for Your Love 
8. If You're Here 
9. Spirits of the Soul 
10. Run Away 
f0182140_7511376.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-16 07:51 | diary | Comments(9)
Commented by jerry at 2011-07-16 12:15 x
おめでとうございます!

MIYAIさんさえ、よろしければ、うちの「カフェ」でもご紹介します!

http://8215.teacup.com/tomtom/bbs
Commented by sandfish2007 at 2011-07-16 18:46
◇jerryさん
ありがとうございます。がんばります。ご紹介いただけるのですか? 嬉しいなぁ。 どうぞよろしくお願いいたします。

MIYAI
Commented by jerry at 2011-07-17 12:23 x
MIYAIさん、愛を込めて、「プロモーション」しました!
Commented by sandfish2007 at 2011-07-17 13:47
◇jerryさん
見ました!そう、ベンモント・テンチ参加なのです(1曲ですが)。改めてありがとうございます。

MIYAI
Commented by jerry at 2011-07-17 19:14 x
こんばんは。 「ジョージ・遺伝子の継承・・・」って「タイトル」にしたのは、

MIYAIさんの、「レーベル」に引っ掛けたつもりです。

MIYAIさんが、よろしければ、「レーベル」のご紹介などもします。
Commented by sandfish2007 at 2011-07-17 19:20
◇jerryさん
あ、それは気がつきませんでした。光栄です。よろしければ…だなんてそんなそんな。とてもありがたいことです。

MIYAI
Commented by jerry at 2011-07-17 20:54 x
ちょっとした「アイディア」を持っています。

MIYAIさんのBBSを通じて、色々とお世話になった「恩返し」をさせてください。
Commented by torami at 2011-07-17 21:24 x
アンディ・サマーズが参加してるのですね!うわ~。
Commented by sandfish2007 at 2011-07-18 08:43
◇jerryさん
恩返しだなんてそんなそんな。こちらこそいつもありがとうございます。

MIYAI

◇toramiさん
そうなのです。今作では1曲のみの参加ですが、前作では3曲くらい弾いてたかな。なんか友達みたいです。

MIYAI
<< 2枚の1,000円札と3杯のお酒 夏休み >>