ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

いつの間にか

 一昨日がお通夜で、昨日が告別式だった。伯母は62歳で亡くなったが、いい家族を持てた。そのことはなによりよかったなと思った。

 今朝は気持ちが重い。でも、少しづつ慣れていくだろう。叔母のことを思い出すとき、明るい笑顔や楽しかったことが浮かんでくるようになればいいと思う。ただ、それには少し時間が必要なのだろう。

 悲しみの中でいろんなことを感じた。1日1日を大切に生きようと思った。いつの間にか、僕も大人になったのだと思った。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-26 08:25 | diary | Comments(2)
Commented by プルーデンス at 2011-07-27 03:58 x
辛い気持ち...無理に忘れようとすることはない、思い切り悲しんであげよう。なすがままに。

幸福に溢れた時間、もう戻らないあの笑顔、次第に薄まっていく記憶...。
忘れる事を恐れなくてもいいんだよ。なすがままに。

思い出したい時にはそうしてあげよう。まだそうしたく無ければそれでも良いさ。
いつか答えは見つかるはず。なすがままに。


大好きで愛情を注ぐ対象であった人が、今はただ、そこに有るだけのモノのようになってしまったような感覚。
見た目はただ眠っているようだけど、そんなんじゃない。ただ目にうつる、昨日との絶望的な差。
受け入れ難い心の空白。

何の実感も湧かなかった。覚えているのは、はじめて遺体を見た時の、サーって血の気が引いたあの感覚だけ。
大切な人との時間が作り上げた、絶望的に心の空白の大きさに対して、僕は余りにも無力だった。

2人が大好きだったビートルズでさえも、もう何の意味も持たないと思った、だけど...


Hey,Jude...


涙が溢れた。僕にはそれだけで十分だった。

3回位リピートした後、Let It Beも聴いた。


ああ、そうだったのか。

「答え」が得られた気がした。
Commented by sandfish2007 at 2011-07-27 07:58
◇プルーデンスさん
自然にまかせるのがいいのだと僕も思っています。時間がたつことで、つらい気持ちに優しさが帯びてくればいいなと思います。プルーデンスさんは僕よりもずっとつらい経験をされたのでしょうね。書き込みありがとうございました。

MIYAI
<< Harvest Moon そろそろ出かける時間 >>