ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ジョン・レノン,ニューヨーク

 昨日はお店まわりを終えてから、てくてくと歩いて恵比寿へ。映画『ジョン・レノン,ニューヨーク』を観てきた。とにかく素晴らしかった。僕は言葉を失ってしまった。そして、今も胸の奥が高揚している。

 アメリカに移住してから亡くなるまでの9年間、ジョンを取り巻く環境、そのときどきの感情が、わかりやすく時系列で並べられていく。その正直さに、破天荒さに、優しさに、壊れそうなほどの繊細さに、不安な心に、ダイナミックな生き様に、僕は引き込まれた。手足は音楽に合わせてリズムをとり、嬉しい場面では共に喜び、苦しい場面では一緒に胸を痛めた。そんな風にして2時間が濃密に過ぎていった。

 観終わったときは胸がいっぱいで、他のことなんかどうでもよくなっていた。この日あったがっかりしたことも、どこかへ消えていた。心が震えるとは、こういうことなんだと思う。

 ずっとジョンに勇気をもらってきた。昨日もそうだった。素晴らしかった。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-09-02 09:55 | diary | Comments(2)
Commented by える at 2011-09-03 11:47 x
ぜひ観てみたい!

心が震える感覚ってこの頃そうそうない。


僕の感じかたはまた違うのかもしれないけど。
Commented by sandfish2007 at 2011-09-03 17:57
◇えるくん
ぜひ観てくれぃ。 感じ方は人それぞれだけどね。もし10年前の僕が観たら、違う感じ方をしたと思う。でも、きっと気に入ったと思う。それくらいでっかいよ。

MIYAI
<< 真夜中の架空ラジオ・ステーション 都内へ >>