ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

バランスも大切

 たまに都内に出ると、飛び込んでくる情報の多さに引け目さえ感じてしまう。音楽、映画、その他のアート。面白そうなものがたくさんあって、わたわたしてしまうのだ。20代の頃は人に会うのも遊びに行くのも都内だったから、いつもそうした情報にさらされていた。僕はそのことになんだか疲れていたし、一見華やかで楽しそうでも本当に大切なことなんて実は少ないんだということに、だんだん気づいていった。だから、今の町に引っ越してきたときは、ほっとしたのを覚えている。海があって、人が少なくて、刺激が強くなかったから。元々僕はゆっくりした性格なので、うまくフィットしたのだろう。そのうち友達もできて、仕事で都内に行くことも次第に減っていった。今では1年に10回行くか行かないかだ。思考体系はシンプルになり、好きなことや興味があることしかしなくなった。そんな生活が今年で13年ほどになる。

 だからだろう、たまに都内へ出るとちょっとした浦島太郎状態に陥ってしまう。目に入るものが時系列でうまく繋がっていかないというか、この13 年間のことがすっぽりと抜け落ちてるような気がしてしまうのだ。どっちがよかったかと問われれば、僕は今の町で暮らしてよかったと答える。ここにいる方が自分の人生を生きていると感じることができる。自分のペースを守れるというのは、自由であることと密接に繋がっている。なにかに煽られたり翻弄されるのは、やっぱり好きじゃない。ここでの生活で感じたことを、僕なりのやり方で(あるいは僕らなりのやり方で)、発信していけたらいいなと思っている。

 でも、バランスも大切だなと。いろんなことをどん欲に取り込んでいく気持ちを忘れないためにも、もう少し都内に出て刺激を受けた方がいいのかもしれない。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-09-08 08:52 | diary | Comments(0)
<< In the Land of ... ドアを開けたらペドラーズが流れていた >>