ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Off the Ground

 昨夜は月がとてもきれいな夜だった。中秋の名月。ずっと見上げていたいくらいだった。2日つづけて地元のお祭りに出かけた。この日は万灯の行列があり、昨日以上の人出だった。自分が住む町にこういうお祭りがあるのは嬉しいもの。

 今朝は、いつも仲良くさせてもらっている友人が51歳を迎えたので、お祝いの気持ちを込めてポール・マッカートニーの『Off the Ground』をターンテーブルへ。ポールが51歳のときのアルバム。全体的にハッピーな雰囲気で、気持ちのいいバンド・サウンド。偏愛したくなる1枚だ。

 さっきメールをチェックしたら、ポール・ファンでもある高校時代の友人から飲みの誘いが来ていた。最近帰宅できないくらい仕事に忙殺されてるみたいなので、ちょっと心配してたところ。「どこで飲むよ?」と返事をする。ちなみに今朝聴いている『Off the Ground』のアナログ盤は、この友人からのプレゼントだったりする。

 『Off the Ground』に飛び抜けた曲は収録されていない。でも、とてもバランスがいいし、シンプルなバンド・サウンドに徹しているところが潔くていい。仲間と一緒に音楽をやってる空気が伝わってきて、幸せに気持ちになれる。このアルバムを聴くと、「さて、そろそろ飛び立とうか」といつも思うのだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-09-13 08:40 | diary | Comments(0)
<< 狂気 音さがしとデモとお祭り >>