ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

10年目のジョージの日

 今日は敬愛してやまないジョージ・ハリスンの10周忌。あの悲しかった日から10年がたったのか。時は過ぎているのだな。あのときもエリックは日本にいたんだったな。

 あの日はもうとにかく悲しくて悲しくて…。僕は5日ほど仕事もせず、どこにもでかけず、部屋でずっとジョージのレコードを聴いていた。悲しみってのは暴力的なものなんだなと思いながら、無気力なまま過ごした。数日後、鏡に映った自分の顔があんまりひどいのに驚き、これではいけないと思った。僕は風呂にはいり、髭を剃り、きちんとした服に着替えて、日本武道館へ向かった。そして、当日券を買って、エリック・クラプトンのライヴを観た。ジョージが亡くなる直前の公演において、エリックの演奏が荒れたという話は聞いていたから、ライヴを観ることで僕はこの悲しみを共有できると、心のどこかで期待していた。でも、エリックはジョージのことには一言も触れず、力のこもった素晴らしい演奏をしてみせた。そのいつも通りであろうとする姿は、確実に僕の心を打った。僕の席はステージの斜め後方で、雄弁に語りかけてくるエリックの背中を終始見ていた。ラストの「オーバー・ザ・レインボウ」で、高い位置から1本のスポットライトがエリックを照らした。そのとき僕はジョージの魂が天へ昇っていくように思えた。自然と涙がこぼれ落ち、救われたような気持ちがした。そして、僕もしっかりしなきゃなと思った。

 あの夜のことは一生忘れない。今思いだしても胸の奥に広がるものがある。「どうして会ったこともない人なのに、そこまで思うの?」と言われるかもしれないけど、多分、音楽とはそういうものじゃないのかな。ジョージの音楽は僕の人生の一部だから。

 今、エリックは日本に来ていて、この10年目のジョージの日を僕らと一緒に迎えている。数日後には武道館での公演が始まる。残念ながら、僕は足を運べそうもない。でも、必ずや素晴らしい演奏をしてくれることだろう。うーん、観たいなぁ。

 それにしても、もう10年だなんてね。信じられないな。昨日は映画『リビング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』を観に行き、帰宅してから『バングラデッシュ難民救済コンサート』と『コンサート・フォー・ジョージ』のDVDを観た。今夜は馴染みのバー「サウサリート」で、ジョージのレコードをまわすつもり。たくさんの感謝と尊敬を込めて。サンキュー、ジョージ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-11-29 07:44 | diary | Comments(4)
Commented by slowhandmtani at 2011-11-29 09:42
ジョージの映画、行かれたんですね。

私は先月半ばに試写会に呼ばれる機会があって、カドカワの試写室で観ました。
三時間を越える長編でしたが、本編最後の方でのリンゴのたった一言に、思わず涙かこぼれました。
あの言葉が、ジョージの人柄の全てを語っている様に思えてなりません。
あの瞬間、試写会会場内の全員が泣いていました。

今でも、リンゴのあの一言を思い出すと、暖かい涙が頬を伝います。
Commented by sandfish2007 at 2011-11-29 18:30
◇slowhandmtaniさん
いやもう、リンゴのあの一言には、ぐっときましたね。おっしゃる通り、あれこそジョージです。ものすごく優しいところがあったんだと思います。リンゴも「感動秘話になっちゃったね」と言いながら、目尻の涙を拭ってましたね。そんなリンゴも素敵でした。

MIYAI
Commented by 法律屋さんFromおおさか at 2011-11-30 21:22 x
私もあのときのクラプトンのツアーに行きました。今だから思うのですが、おそらくジョージとクラプトンの間に、男の約束みたいなのが、彼らの今生の別れの際に交わされたんじゃないかと‥。
“俺の身に何が起こっても、君は君の仕事をきっちりやってくれ!”みたいな感じで‥。そうじゃないとエリックほどの繊細な人が親友の死を聞いて、平静を装って演奏できるわけはないでしょうから‥
宮井さんが演奏が乱れたとおっしゃってるのは、ジョージが亡くなる何日か前の大阪公演の2日目じゃないかな。
その日だけセットから“Over The Rainbow”が落ちたりして‥。明らかに前日の公演とは違っていたように思います。
Commented by sandfish2007 at 2011-12-01 09:08
◇法律屋さんFromおおさかさん
ふたりの間に特別なやりとりがあったかどうかはわかりませんが、ジョージがもう駄目だということを、あのときエリックは知っていたんじゃないかなと僕も思います。おっしゃる通り、大阪公演で演奏が荒れたと聞きました。急ぐような演奏でいつもより20分ほど短く終了したと。「オーバー・ザ・レインボウ」が演奏されなかったのはワールド・ツアーの中でこの日だけだったとか。その数日後にジョージが亡くなったので、やはりエリックには連絡があったのかなと思ってます。でも、本当のところは彼らにしかわかりませんね。なんであれ、その後の公演のエリックの演奏は素晴らしかったです。僕は確か2回観に行ったんだと思います。どちらも本当に素晴らしく、勇気づけられました。

MIYAI
<< セシル・ドゥ・キンゲをよろしく ジョージの映画を観に行こう >>