ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

We Take Care of Our Own

 昨夜、『続・三丁目の夕日』がテレビでやってたので観た。僕は第一作目にひどく感動し、この第2作目はものすごく期待して映画館へ足を運んだのだが、かなり拍子抜けをして帰宅したのを覚えている。だから、昨夜はたいした気構えもなく、「つまんなかったら消そう」くらいの気持ちで観たのだけど、これが何度も眼鏡をずらして涙を拭う始末。いやぁ、びーびー泣いたなぁ。

 考察:期待値100%で観るのと、期待値0%で観るのとでは、こうも受け取る感情が違うのか?

 もし第3作目を観られるとしたら、できるだけフラットな気持ちで観るようにつとめたい。なんであれ、よかったよかった。

 さて、僕はビートルズとブルース・スプリングスティーンの熱心なファンなのだけど、今月末にリンゴ、来月にポール、再来月にスプリングスティーンの新作が、たてつづけにリリースされる。とても待ち遠しい。今朝、スプリングスティーンの新曲“We Take Care of Our Own”を聴いた。スプリングスティーンらしい、勇壮でセンチメンタルな歌だった。こうして元気な歌声を聴けることが、なにより嬉しい。

 先日のジョニー・オーティスにつづいて、エタ・ジェイムスの訃報が届いた。ふたりともR&Bの偉大なる先人。ジョニー90歳。エタ73歳。若くして命を落とす人も少なくない音楽の世界。そんなハードライフを生き抜いてきた人達も、いつの間にか歳をとった。毎年たくさんのミュージシャンが鬼籍に入るようになり、いつ誰が亡くなったのか、もう覚えていられないくらいだ。そのたびに僕は追悼をする。命日を忘れてしまうので、せめて…と思って。でも、音楽の素晴らしさは残り、忘れることはない。どうもありがとう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-01-21 11:21 | diary | Comments(0)
<< Snow ロックオン >>