ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

誰でもできる

 今朝、髭を剃った。僕は1ヶ月に2回くらい髭を剃る。かつてはもっと頻繁に剃ったものだが、なんとなくめんどくさくて。つまり、僕の髭はただずぼらに伸びただけで、そこに僕のなんら意思が反映されたものではない。ふむ…、歳をとると見てくれを気にしなくなるのだろうか?まぁ、いいや。

 髭を剃ると気持ちがいい。そういや、ジョージ・ハリスンは若い頃のインタビューで、嫌いな事は髭剃りと答えていた。気持ちいいのにね。ちょっとめんどくさいけど。

 昨夜はジョージ・ハリスンの映画『リビング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』をDVDで観た。とりあえずビートルズ時代のジョージを扱った前編だけ。長い映画なのだ。ジョージは自虐的なユーモアをもった人で、例えば曲作りをはじめた頃のことについて、「ジョンとポールにできるんだから、誰にでもできると思った」とか言ったりする。「僕にもできる」じゃなくて、「誰にでもできる」って言うところが面白い。僕は「くぅ〜」と身悶えし、ギターでジョージの歌を弾き、物真似をするようにして遊んだ。ジョージは僕の憧れなのだ。

 そういや、引越してから風呂に入る回数も減ったな。これは歳をとったからではなく、あまりに寒くてつい。ただ、清潔であることは割と重要なので、気をつけよう。押忍。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-02-15 07:52 | diary | Comments(2)
Commented by desire_san at 2012-02-16 12:36
こんにちは。

ビートルズの音楽は生きる力ょを与えてくれるようです。
東北地方でも、ビートルズのイベントが人気をよんでいるよわうです。

私は福島出身で、震災と原発事故、それに伴う風評被害に苦しむ福島県の人達のために、「希望の絵シリーズ」の作品を制作された棚倉樽さんの新しい作品を観てきました。
ビートルズ、プレスリー、マイケル・ジャクソンなどロック界の天才たちを絵画の中で蘇られた棚倉樽さんの新しい作品を紹介しましたので、ぜひご覧になってください。

福島の「希望の絵」を描かれた棚倉さんを応援したいので、どんなことでも結構ですから、ブログにコメントをお願い致します。
Commented by sandfish2007 at 2012-02-16 14:52
◇desire_sanさん
ご紹介ありがとうございます。棚倉樽という絵描きさんのことは知りませんでした。被災地に向けて創作活動をされているとのこと。頭が下がります。ブログ拝見しました。実際に絵を見たら、きっと伝わってくるものがたくさんあるんでしょうね。

MIYAI
<< おばちゃん 藤ロック・フェスティバル >>