ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Wrecking Ball

 鉄鋼の町で育った
 ニュージャージーの湿地帯
 もう記憶が霞んでしまうくらい昔のことだ
 泥とビール 
 血と歓声の中で
 多くのチャンピオンが生まれては去っていくのを観て来た
 ミスター、もし君にガッツがあるなら
 そう、もし君に度胸があるなら
 今こそ自分の出番だと思うなら
 さぁ、位置について
 君の鉄球を振り下ろすんだ
 
 君の鉄球を振り下ろせ
 君の鉄球を振り下ろせ
 君の最高の一打がどれほどのものか
 僕に見せてくれよ
 君の鉄球を振り下ろすんだ
 
 『レッキング・ボール』の7曲目となるこのタイトル・チューンで、スプリングスティーンはアルバムの主題が何かを示そうとしている。それはオープニング・ナンバーで繰り返し歌われた「we take care of our own(僕らは互いに支え合う)」というフレーズを、より具体的なイメージで描き出したものと言えるかもしれない。
 元々は3年前、スプリングスティーンの地元ニュージャージーにあるジャイアンツ・スタジアムが取り壊される際に書かれた曲だが、このアルバムの中では、そうした曲の成り立ちに大きな意味はない。それよりも遥かに広いイメージをこの曲は担っている。アルバムはここまで、永遠の闇とも思える厳しい現実を歌ってきた。それらを跳ね返し、傷ついた心を高揚させ、すべてを飛び越え、違う世界へと連れて行くことができるパワーをもったナンバーとして、この“Wrecking Ball”は用意されている。おそらく、この歌の主人公は架空の人物ではなく、スプリングスティーン自身だろう。フィクションの世界から離れ、自分がいる本当の場所から、厳しい現実に苦しむ人達に向けて歌いかけているのだ。

 さぁ、グラスを上げて、
 大きな声を聞かせてくれ
 今宵、死者達も皆ここに集まっている
 さぁ、君の鉄球を振り下ろすんだ

 ここで歌われる「死者」とは、かつて同じような想いを共有し、傷つき倒れていった人々のことだ。彼らはもうこの世にはいない。しかし、脈々とつづく人生の輪は、そんな彼らと現在の僕らを結びつけ、未来へとつづいていく。大きな川のように、その流れが途絶えることはない。

 明日になれば
 ここに何も残ってないことくらいわかってる
 だから、しっかりと怒りを持ちつづけるんだ
 しっかりと怒りを持ちつづけるんだ
 しっかりと怒りを持ちつづけるんだ
 怖じ気づかないでくれ

 スプリングスティーンは歌う。鋼鉄の建物も、数々の物語も、いずれはすべて朽ち果てていく。若さも美しさも塵にまみれてしまう。かつての小さな勝利や栄光は忘れ去られる。胸に抱いた大切な希望や願いは、風の中で散り散りになる。では、なぜ怒りを持ちつづけるべきなのか?スプリングスティーンは、このアルバムで幾度となく語ってきたことを、ここで再び歌いはじめる。

 厳しい時代がやって来ては、また去って行き
 厳しい時代がやって来ては、また去って行き
 厳しい時代がやって来ては、また去って行き
 厳しい時代がやって来ては、また去って行き
 厳しい時代がやって来ては、また去って行き
 そして、またやって来る

 これが現実であり歴史だ。だからこそ、僕らは怖じ気づくわけにはいかないのだ。勇気をもって、位置について、最高の一打を振り下ろすのだ。曲の終盤、スプリングスティーンのカウントを合図に、バンドは一気に加速する。ホーンが高らかに鳴り響き、コーラス隊が大きな声をあげる。ギター、ベース、キーボード、ドラム、バイオリン…、音楽が一丸となって躍動する様は、まるで空から希望の光が降り注いでくるかのようだ。僕らの体は持ち上げられ、心はどこまでも高く舞い上がっていく。

 君の鉄球を振り下ろせ
 君の鉄球を振り下ろせ
 君の最高の一打がどれほどのものか
 僕に見せてくれよ
 君の鉄球を振り下ろすんだ

 言うまでもなく、これは怒りの鉄球じゃない。未来を切り開いていくための一撃だ。そして、どうか忘れないでほしい。僕らはけっしてひとりではないのだと。そう、僕らは互いに支え合うのだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-03-31 06:49 | diary | Comments(0)
<< You've Got It This Depression >>