ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Rocky Ground

 ブルース・スプリングスティーンの新作『レッキング・ボール』は、9曲目の“Rocky Ground”から本当のクライマックスを迎える。サンプリングされた古い黒人教会の録音に導かれ、コーラス隊のミッシェル・ムーアが、曲のテーマを歌いだす。

 私たちは旅をしてきた
 石ころだらけの土地を、石ころだらけの土地を
 私たちは旅をしてきた
 石ころだらけの土地を、石ころだらけの土地を

 スプリングスティーンは、この歌の語り部としての役割を担う。その声は生身のものであり、死者のものでもある。ゴスペルの影響を色濃く受けた曲は、まるで祈りのよう。穏やかさと痛みが交錯していく。石ころだらけの厳しい旅路は、脈々とつづく人類の歩みだ。

 羊の群れを世話しろ、迷い出ないように
 最後の審判の日に
 どんな奉仕をしたかが問われるだろう
 広い川を渡る前に
 俺達の手についた血は2倍になっているだろう

 起きろ、羊飼いよ、起きろ 
 羊の群れは丘から遠くへと迷い出た
 星は消え、空は静か
 陽が昇り、新しい1日が始まる

 ここでいう羊飼いとは、権力を握った者達のことだろう。羊は彼らに翻弄される僕らのことだ。自分がなにをしてきたかは、最後の日に必ず問われることになる。長い旅に終わりはなく、これからもつづいていく。星の輝きは、朝の光に変わり、また新しい1日が始まる。

 ミッシェル・ムーアのラップが、苦しい心情を吐露する。スプリングスティーンが同意の意味を込めて声を上げる。

 あなたは眠ろうとするも眠れない
 寝返りをうつばかりで、まるで底が抜けたかのよう
 かつて信じていたことが信じられなくなり
 疑いばかりが頭を満たす
 あなたは祈る、助けを求めて
 でも沈黙以外、なんの反応も得られない
 夜が明けて、あなたは目覚める
 でも、そこには誰もいない

 それでも、新しい1日は始まる。暗い夜が明けると、僕らは起き出して、自分の旅をつづけることになる。幾多の者が倒れ、再び歩きだしたこの道を、これまでもそうしてきたように、これからも旅していく。そんな僕らを朝陽が照らす。新しい1日がくり返される。

 新しい1日が始まる
 新しい1日が始まる
 新しい1日が始まる

 この曲で、アルバムはいよいよ夜明けを迎える。人々が動きだし、周囲がざわめきだす。遠くで汽車の音が聞こえる。今まさに、新しい1日が始まろうとしているのだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-04-04 07:57 | diary | Comments(0)
<< Land of Hope an... You've Got It >>