ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

後厄

 さて、昨日にひきつづき、ちょい寒ながらいい天気の日曜日。午後には地元の公園でお花見の予定。昼間っから外でお酒を呑むなんて、いやはや、もう春なんだね。

 今年に入ってから、いいことと悪いことが混在しながら我が身に起きてたりする。それには理由があったり、とりたてて理由がなかったりと、まぁそれぞれなんだけど、どちらであれ起きたのであれば、それぞれに対処していくことになる。いいことは幸運として、ご厚意として、ありがたく受け取り、そうでないことは謙虚に受け止めていくしかない。

 ふと、今年は後厄なんだなと思い出した。厄というのが果たしてどういうものなのか、僕はよく知らない。ただ、これくらいの時間を生きてくると、自分が望む望まないに関わらず、きっとそこかしこに何かを生んでいて、それらがめでたく成就もすれば、膿みとなって外に出たりもするのかもしれない。肉体的にはもちろん、精神的にも、人との関わりにおいても。それはそれでしょうがない気がするし、必要なことのようにも思う。だから、ここで今一度、これまでの自分の立ち振る舞いを振り返り、今後の立ち振る舞い方に還元していく時期なのかもしれない。

 もうかつてのように大量の酒は呑めないし、呑んだら呑んだで、それからの数日間は具合悪く過ごすことになる。これだけとっても、今までと同じというわけにはいかん。…と、花見を前にちょっと思ってみた。気をつけよう。

 自分がこの世界でポジティブなパワーを持ち続け、それを誰かと分かち合っていくためには、心と体の風通しをよくしておく必要がある。こんなこと、少なくとも10年前までは考えたこともなかった。5年前だってあやしいもんだ。でも、今は思ったりする。つまりは、そういうことなんだと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-04-08 10:54 | diary | Comments(0)
<< 世情 簡単な朝食 >>