ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

蝉の鳴き声が聞こえる

 蝉の鳴き声が聞こえる。穏やかな夏の1日。僕はアメリカというグループのCDを聴き、シャワーを浴びようと全裸になった。全裸ついでに、寝室にある体重計に乗ったところ、軽いショックを受け、ベッドに倒れ込んだ。で、そのままグーグー寝てしまった。目が覚めたのは正午頃だった。僕は洗濯機をまわし、シャワーを浴び、米をとぎ、玉葱を刻み、鶏肉を解凍した。妻が健康診断から帰って来た。朝から何も食べていない彼女に僕はビールを注ぎ、一緒に親子丼を食べた。妻は洗濯物を干し、僕のパジャマのゴム紐を新しいものに替えてくれた。僕はアメリカのCDをもう1度かけると、読みかけの『走れ!タカハシ』を手にとって、ソファーに寝転んだ。妻もい草の上に横たわり『魔王』を読み始めたが、ほどなく寝息をたて始めた。僕はコンポの音を切り、蝉の鳴き声の中で『走れ!タカハシ』を読み終えた。郵便物がポストに投函される音がした。僕は急いで取りに行った。届いたのは、ずっと楽しみにしていたニューリリース候補のCDだった。

 というわけで、スイッチ・オン。これから仕事に取りかかる。仕事部屋でも、蝉の鳴き声が聞こえる。扇風機が、気持ち良くまわっている。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-08-09 16:51 | diary | Comments(0)
<< 無理は禁物 呼び方 >>