ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

リンゴ・スター来日決定!

 リンゴ・スターの来日が決まって、浮かれ気分の朝なり。なんと18年振り!いやはや、待ちくたびれたよぃ。

 思えば、オール・スター・バンドもメンバーを入れ替えながら、随分長いこと続いている。最初は1989年。メンバーは、リヴォン・ヘルム、リック・ダンコ、ドクター・ジョン、ビリー・プレストン、ジョー・ウォルッシュ、ジム・ケルトナー、クラレンス・クレモンズ、ニルス・ロフグレン。「僕のために集めてくれたのか?」と勘違いしちゃうくらいのドンピシャな人選だった。来日もしてくれて、僕も2回足を運んだ。あれからもう23年がたつんだな。このときのメンバーのうち、既に4人は鬼籍に入り、リンゴは72歳になり、僕は19歳から42歳になった。うーん…。そうなんだよねぇ…。

 1995年にも来日。このときのメンバーは、ビリー・プレストン、フェリックス・キャヴァリエ、ジョン・エントウィッスル、マーク・ファーナー、マーク・リヴィエラ、ランディー・バックマン、ザック・スターキー。前回のようなまとまりはないにせよ、なかなか魅力的なラインナップ。キャヴァリエとエントウィッスルを観れるのが嬉しかった。徹夜でプレイガイドに並び、このときも2回足を運んでいる。リンゴが54歳。僕が25歳だった。ふむふむ、なるほどね。

 で、今回の来日決定。メンバーにトッド・ラングレンがいるのは嬉しいが、他の人達は正直ピンとこない。僕が知らないだけかもしれないけど、脈絡らしい脈絡も見当たらない。できれば、ミスター・ミスターの「キリエ」とか聴きたくないし、この曲のサビで手拍子なんかしたくない(しなきゃいいんだけど)。ライブ自体もきっとゆる〜い雰囲気じゃないかなぁと思っている。でもね、僕は今回も観に行くよ。なにがなんでも観に行く。絶対に行く。だって、ビートル・リンゴだ。ザッツオール。他に理由なんかない。観ないなんてあり得ないよ。あー、楽しみだ。東京公演は来年の2月。リンゴが72歳。僕は43歳になっているはずだ。つまりは、そういうことなのだ。

 素晴らしきリンゴ・スター。こんな遠い日本に来ると決めてくれてありがとう。指折り数えて待ってます。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-10-18 10:39 | diary | Comments(0)
<< 『ブルータス』の小冊子にエドウ... アラン・トゥーサンを観てきた >>