ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ポタージュ・スープ

 ひんやりした朝。薄暗かった部屋が少しづつ明るくなっていく。朝日が近所の家の壁を照らしている。ラジオをつけたらスティービー・ワンダーの「ユウ・アンド・アイ」が聞こえてきた。ふと、あたたかいポタージュ・スープが飲みたくなった。

 子供の頃、ボーイスカウトかなんかのキャンプで、初めてポタージュ・スープを飲んだ。あの頃の僕らはポタージュなんて言葉を知らなかったから、なんだか得体が知れなくて、最初は人気がなかったけど、徐々に「これ美味いんじゃね?」という話になり、帰る頃にはすっかり大好きになっていた。

 ポタージュ・スープは、そのまま飲むのもいいし、パンにつけても美味しい。今でもポタージュ・スープを飲むと、もう名前は忘れてしまったが、あのときのキャンプで同じ班だった友達の笑顔を思い出す。小さなジャガイモのような顔をした友達のことだ。彼は誰よりも美味しそうにポタージュ・スープを飲むことができた。

 昨日は、仕事半分休日半分な1日だった。僕は通販のCDを発送し、銀行へ行き、ちょと経理的なことをした。朝と昼の食事を作り、夜は近所の中華屋へ出かけた。トム・ペティのレコードを聴き、日本シリーズをテレビで観戦し、日本酒を呑み、ポール・マッカートニーのCDを聴きながらうとうとした。そんな風にして夜は更けていき、また新しい朝を迎え、今はポタージュ・スープのことを考えている。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-02 07:02 | diary | Comments(0)
<< Almost & Always November 1st 2012 >>