ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Almost & Always

 昨夜はデヴィッド・ミードの前作『オールモスト&オールウェイズ』を聴いて寝て、今朝も起きてから何曲か聴いた。『デューズ』もいいけど、これもとてもいい。ドラムレスの静謐な世界。優しいヴォーカル。美しいメロディ。たくさんの人に聴いてほしいなぁ。

 デヴィッド・ミードが一番好きだという人が、世界のあちこちにいるのだと思う。けっして多くはないにせよ、僕がビートルズを好きみたいに、デヴィッドの歌を愛し、人生の一部にしている人達がちゃんといることは、容易に想像がつく。これはすごいことだ。数えきれないくらいの誰かにとって、一番になるということは。

 僕はよく「そこそこでいいや」と思ってしまうのだけど、きっと「そこそこ」なんてどこにもないのだ。そのもう少し先まで辿り着けるか、それともどこにも辿り着けないか。最近はそんな風に思うようになった。別に誰かの一番になろうなんて思っちゃいない。でも、どこかに辿り着くということは、そうした一番を少しづつ増やしていくことだったりもする。そんな気がする。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-03 07:39 | diary | Comments(0)
<< デヴィッド・ミードが第1位! ポタージュ・スープ >>