ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

I Got the Blues

 凄いブルースをたくさん聴いた夜だった。SP盤という78回転のアナログ・レコードは、当時のオリジナル・フォーム。そんなものをどっさり持ってる人がいること自体すごい話だが、飛び出してくる音の生々しさは僕が持っているレコード(45回転と33回転)やCDとは比較のしようもなく、思考回路をショートさせるに十分な凶暴性をもっていた。まさに衝撃的。落ち着きが失われ、胸のざわめきを止めることができない。僕が昨夜聴いたのは、そんな音楽だった。

 中にはテープさえ存在しなかった時代の録音もあった。つまり、生演奏をレコード盤へ直に録音していくダイレクト・カッティング。やり直しはきかない。しかし、古いSP盤から聴こえてきた演奏は、どれも図太く、大胆不敵で、逆境をものともしないたくましさと、押さえられないほどの情熱で溢れ返っていた。

 もし10代の若者がこの演奏を聴いたらどう思うのだろう?ひょっとしたら人生が変わってしまうのではないか?そんなことを想像したのは、僕がもう若者ではなく、もうこの音楽で人生が大きく変わることもないからだが、一夜明けても僕の頭はショートしたままだし、胸は波のように静かなざわめきをつづけている。

 ブルースの素晴らしさに触れた夜。それは音楽が心に直接届いたときだけに感じることのできる喜びに溢れていた。

 MIYAI

 (2013.1.19 バー・ケインズ「Voices Inside」にて)
[PR]
by sandfish2007 | 2013-01-20 10:17 | diary | Comments(0)
<< そのとき、お袋はエビマヨを食べ... 寝坊 >>