ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Hartford Cafe

 新宿三丁目の音楽バー「ハートフォード・カフェ」が本日をもって閉店する。アメリカン・ルーツ・ミュージックを軸としながらも、ジャンルの罠に囚われることなく、古いものから現在進行形のものまで、この店でかかる音楽は実に幅広かった。うちのことも応援してくれて、一時はサンドフィッシュのコーナーがあったことも。不義理でなかなか顔を出せなかったが、このお店がなくなることを今とても淋しく思っている。

 月曜日、友人を誘って久しぶりに店の扉を開けた。そこはいつも通りの「ハートフォード・カフェ」だった。マスターの洋平さんがかけるレコードは新旧様々だが、時代の壁を超えて、どれもお店に馴染んでいた。スフィアン・スティーヴンス、マイケル・スタンリー、ハングリー・チャック、・・・等々。カウンターは閉店を惜しむ馴染みのお客さんで埋まっていた。何人かと挨拶し、友人と音楽の話をしながらお酒を呑んだ。マスターが何度かレコード・ジャケットを僕に手渡した。またひとついい音楽を教えてもらうことができた。

 並べられた酒瓶、煙草の煙、壁にかけられた楽器、たくさんのレコードやCD、マスターの仕草、ここにあるすべてに音楽が沁み込んでいる。ずっと前からここにあって、これからもありつづけるように見える。でも、今日でそれもお仕舞いなのだ。なんだか不思議な気分になる。(注:1日だけアンコール営業があるとのこと)

 「ハートフォード・カフェ」は、きっとたくさんの人達の心に残りつづけるのだろう。良質な音楽の記憶のように。それは、やっぱり、素敵なことなのだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-01-31 09:57 | diary | Comments(0)
<< テレキャスターを背負って自転車... しゃべる詩人の会 >>