ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

まったくおこがましいのだけど

 先月末から週末はイベントがつづいている。基本的に僕は裏方の人間なので、自分が参加する側にいるイベントがこう続くのは珍しい。なにかをやるということは、そのための準備が多かれ少なかれ必要となる。僕などは、人前に出ることに馴れてないから、準備なしではなにもできない。具体的な目的があって、それに向けてあれこれ考えるのは、緊張感があって楽しい。今週末は友達のライブでDJを担当。来週末はライヴで何曲かギターを弾く。バンドだから、集まって練習もするし、迷惑をかけないようにと家でも練習する。時間と手間をかけた分、どきどき感も増す。いいことだ。
 
 人前で初めて文章を書いてって読んだときは、やっぱり緊張した。朗読なんて聞く方もむず痒いし、恥をさらすような気持ちで腹を決めて、早くやって早く終わらせたいと思った。でも、割と好意的に聞いてもらえると、なんだか解放されたような、すごくいい気分になった。今も毎回がんばって書いてはいるが、上達もしてないくせに、気持ちだけは妙にこなれてしまい、あのときのような緊張感は薄れている。そういうものなのかもしれないけど、あまり褒められたことじゃない。もっとチャレンジする要素を作って、緊張感を高めて、自己完結ではない新鮮な空気を吹き込めるようでありたいなと思う。

 どうせやるなら意味のあるものにしたいし、人前に出るならば誰かの心を動かしたい。その場にいる人達と、なにがしかの感情を共有したい。僕がこんなことを言うなんて、まったくおこがましいのだけど。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-02-13 07:19 | diary | Comments(0)
<< ひとりで暮らした長い時間 多分、大丈夫 >>