ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

915円

 パソコンを起ち上げて、いつものインターネット・ラジオ・ステーションにアクセスすると、聞こえてきたのはジミー・クリフ「ホエン・ユーアー・ヤング」。つづいてグラム・パーソンズ「ストリーツ・オブ・バルティモア」。どうよ、この最高な1日の始まり。広告もトークも一切なしの(ちょっとはあるか)ノン・ストップ・ミュージュック。素晴らしい。

 で、今はデヴィッド・クロスビー「ミュージック・イズ・ラブ」が流れている。ザッツ・ライト。音楽は愛だ。そして、愛はお金じゃ買えない。いいじゃないか、貧乏だって。財布の中身が915円だって。…えっと、まだ少しはおろせるかな?おろせるといいな。

 銀行へ行くとなると、外に出る必要があるわけで、花粉の猛威にさらされることになる。ここだけの話だけど、僕には花粉が見える。じーっと窓の外を凝視してから、ぎゅっと目を閉じると、網膜に残った残像の中におびただしい数の黄色い粒子がちらちらと映っている(気がする)。避けて歩くことなど不可能だ。これが花粉だ。きっとそうなんだ。あーおそろしい。

 でも、財布には915円しかないしなぁ。おろさないと酒も呑めないよ。まだ少しはおろせると思うんだけどな。おろせるといいな。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-03-07 09:05 | diary | Comments(2)
Commented by YUMI at 2013-03-07 21:18 x
今日は気温が高い上に、風も強かったのでよく飛んでいたんでしょうね。

それで、けっきょく銀行には行ったんですか?
Commented by sandfish2007 at 2013-03-08 06:45
◇YUMIさん
よく飛んだんでしょうね。結局、僕は一歩も外に出なかったというのに、ずっと鼻づまりでした。お金は妻がおろしてきてくれました。とても助かりました。
<< 春の訪れを告げる音楽 今年の春は >>