ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

油断は禁物

 なんてことだ。花粉症が緩和している。昨日からなんとなく楽になって、それは昼から夜へと持続し、久しぶりに息苦しさで目が覚めることなく、こうして新しい朝を迎えている。

 にわかに信じられない。こういうのを「狐につままれた」と言うのだろうか(言わねーか)。病院で処方された薬が効いたということなのだろうか。だとしたら、僕は薬に感謝してもしきれない。

 とはいえ、まだ油断は禁物だ。事態に一喜一憂すべきじゃない。これまでも、そうやって幾度となく形勢逆転されてきたじゃないか。僕はもう無邪気な子供じゃない。分別ある大人のはずだ。慎重にいこう。

 ・・・と、自分に言い聞かせてみる。

 数日前は、あまりの苦しさから、花粉が自分に憑依したものだと思っていた。花粉になったつもりで、舞ってみたり、降り積もる真似をしたりしてた。少し頭がおかしかったな。今はもうそんなことをする気になれない。よかった、よかった。

 そんなわけで、今朝は気分がいい。大好きなブルース・スプリングスティーンの歌も、いつもより数倍希望に溢れて聴こえる。心には春の陽射しが降り注いでいる。まるで未来の扉が開かれたかのようだ。

 わかってるよ。油断は禁物なんだって。わかってる、わかってる・・・。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-03-13 07:49 | diary | Comments(2)
Commented by YUMI at 2013-03-13 17:46 x
今まで病院に行っていなかったのですか?
薬が効いて良かったですね。でも、頼りすぎるのもよろしくないので、慎重に慎重に…。
Commented by sandfish2007 at 2013-03-13 22:08
◇YUMIさん
10代から20代前半にかけて、病院の薬が効いた試しなく、体質改善の注射を何ヶ月打っても改善なかったので、「病院は俺様ほどの重症花粉症患者には無力」と決めつけてました。あれから20年。医療は進歩してたんですね。感謝。
<< Another Saturda... 3種類 >>