ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

すっかり春なのだ

 今朝は久しぶりに台所の窓から富士山がきれいに見えた。なんだか嬉しくなって、ドゥービー・ブラザーズのベスト盤をかけた。乾いたギターが青空にぴったりとはまって、ひと盛り上がり。コーヒーを淹れ、デコポンを剥いて食べた。朝から僕は元気だ。

 アメリカからリリース候補のCDが届いたので、今日はじっくりと聴いてみるつもり。さて、どんなもんだろね。

 一昨日、登川誠仁が肝不全で亡くなった。享年80歳。とても残念だ。映画「ナビイの恋」で知り、それからCDを聴き、その自由な感性に感じ入った。ライヴへも足を運んだ。ステージで酒を呑み、最後は演奏そっちのけで、お客さんも入り混じって、手をひらひらさせながら踊っていた。凄い人だった。僕は三線を購入し、映画のワンシーンを思い浮かべながらよく弾いた。沖縄にも出かけたし、本も読んだな。

 三線はお金に困った時期に売ってしまったし、最近では沖縄音楽を聴く機会もほとんどなくなった。もう少しあったかくなったら、また聴こう。登川誠仁の明るい歌声と三線のリズムは、今日みたいな青空によく似合う。

 花粉症が奇跡的に治まってるので、今は何も怖くない。久しぶりにサイクリングへ出かけよう。もうすっかり春なんだな。元気出していこう。ルー・ロンドンでも聴こう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-03-21 08:25 | diary | Comments(0)
<< 八百屋のおばちゃんに比べたら 軽やかにいこう >>