ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

八百屋のおばちゃんに比べたら

 昨日、うちの音源使用についての問い合わせがあったので、久しぶりにその辺の仕組みを思い出してみた。著作権、原盤権、著作隣接権・・・、ふぅむ。基本的に、著作権管理に関してうちはノータッチなので、音楽出版社にお任せなのだが、曲によって管理してる会社が違うので、少々ややこしい。原盤権はうちの場合アーティストが持ってるから、これは本人と直接話しをすればいい。著作隣接権は・・・、まぁ、いいや。こういうライセンス・ビジネスは、実体がなく落としどころが曖昧なので、あまり得意じゃない。話がくるのはありがたいんだけど。

 ニューリリース候補のCDを、じっくりと聴いた。いい作品ではあるが、もうひとつ駆り立てられるものがなかった。自分なら買うか。買ってから何度も聴くか。そう考えると自信がもてなかった。他もさがすとしよう。で、時間を置いてから、また聴いてみよう。

 昼間は途中抜けし、海辺をサイクリングした。最近は花粉に怯えてこういう外出は控えていたから、やけに新鮮だった。海は波が高く、時折吹く風も冷たかったけど、陽射しは暖かかった。そのまま買い出しをし、蕎麦屋に入り、妻の実家に立ち寄ったりした。安い八百屋さんがあって、細かく値段がつけられてるんだけど(例えばトマトにも何種類かあって、それぞれ値段が違う)、レジのおばちゃんはすべて頭に入っているかの如く手打ちで清算していく。そのプロフェッショナルな仕事っぷりに感動した。おばちゃんに比べたら、著作権とかで頭が痛くなってる僕なんて下の下だ。

 桜はまだ3部咲きといった感じだったが、今日と明日で一気に華やぐのかもしれない。季節は早足で進んでいる。置いていかれないようにしたい。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-03-22 06:55 | diary | Comments(0)
<< ボブ・シーガー祭りなのだ すっかり春なのだ >>