ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

朝からレコードを聴く

 ダグ・サーム&バンドのレコードがくるくる回ってる朝なり。大学を卒業して、六畳一間のアパートでひとり暮らしを始めたとき、なにが嬉しかったかと言えば、朝起きてすぐにレコードを聴けるようになったことだった。毎朝ベッドから抜け出すと、まず最初にコンポのスイッチを入れた。そして、出勤までにレコードを2枚ほど聴いた。朝日に照らされた部屋で(東向きだった)、誰に気兼ねすることもなくスティービー・ワンダーやビーチ・ボーイズの歌を聴いていると、なんともいえない自由な気分を味わうことができた。会社に着くと、先輩が「今日は何を聴いてきたんだよ」と訊いてきたりもした。それもまた楽しかった。

 そんな話を親父にしたところ、「俺は朝から音楽がかかってるのは嫌だなぁ」と言われた。それが普通なのかと思い、自分の恵まれた境遇が喜んだものだった。

 で、今も毎朝のように好きなレコードを聴いている。今朝はダグ・サーム&バンドだ。素晴らしい。気持ちがぱぁーっと明るくなる。今日もいい天気だ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-05-07 06:53 | diary | Comments(2)
Commented by YUMI at 2013-05-08 10:02 x
>そんな話を親父にしたところ、「俺は朝から音楽がかかってるのは嫌だなぁ」と言われた。

朝から音楽を聴くと、ゆったりして(?)休日気分になってしまうからなのじゃないでしょうか?
朝、仕事モードにするために音楽を聴く人もいれば、
非日常にするために音楽を聴く人もいると思うし。
人それぞれっていうところしょうけれど。

私は、仕事のある日もない日も、テレビ(かラジオ)ではじまってしまいますけどね。
Commented by sandfish2007 at 2013-05-08 13:23
◇YUMIさん
親父は、朝は静かに落ち着いて過ごしたい人なのです。テレビでNHKのニュースを流すくらいでしょうか。民放は騒がしいため好ましくありません。また、興味のない音楽が耳障りなのは、僕にも理解できます。静かな方がいい時間というのは、誰にでもありますからね。
<< 穏やかな時間 アウト >>