ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

熱量の足りない話

 今朝はセヴリン・ブラウンのファーストを聴きながら、コーヒーをすすりながら、台所からの音を聞きながら、いつものように日記をつけている。いつものように・・・といっても、すべては少しづつ変わってってるわけで、何年か前の朝と今とでは、同じようでもやっぱり違ってたりする。何が変わったというわけでもないから、言葉にするのは難しいけれど、振り返ってみると、かつてと今が違うものであることに気づくのだ。それはきっと僕の心の変化なんだと思う。同じレコードも、気持ちひとつで違うものになる。

 でも、変わらないものがあるのも知っているから、ほっとするのだ。変わっていくものと、残っていくもの。ときどきまどろっこしい気分にもなるけれど、こんな風にゆっくり変わっていくのが、僕には向いている。ドライヴをかけて、スピードをあげていくのに、今の時代のすべてが僕には速すぎる。それならば、足元を見つめて進みたい。僕がほしいのは、自分の人生を生きているという確かな実感だ。翻弄されたくない。

 ・・・と、なんとも熱量の足りない話をわざわざ書いているのは、えっと、多分、研修疲れです。今日もがんばってきます。押忍。
 
 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-05-29 07:58 | diary | Comments(0)
<< 早い梅雨入り 早起きしたんだから >>