ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

不思議と当たり前

 しとしとと雨が降っている。梅雨だから当たり前。こんな日にアルバイトに行くのがかったるいのは当然。コーヒーを飲んでほっとするのはいつものこと。ハース・マルティネスの『ハース・フロム・アース』が素晴らしいのは昔からの決まり。

 不思議なことがひとつもない朝。それもまたよし。

 今週末、友人が尾道へ引っ越す。数年前にも別の友人が尾道へ引越している。どちらもきっかけはあの原発事故だった(と思う)。でも、それを抜きにしても尾道はいいところなのだろう。先に引っ越した友人は、ずっと尾道に住みつづけるつもりだという。僕が好きなミュージシャンも尾道でライヴをやってたりと(そのライヴを友人が観てたりと)、行ったことのないこの町がにわかに身近に感じられる今日この頃。それが僕にはなんとなく不思議だったりする。

 できれば、僕はずっと藤沢にいたいと思っている。もっともっと長い時間をここで暮らして、知り合った人達との関係も徐々に深まって、この町が僕の地元になればいいなと思っている。もしできることなら・・・。

 友人は尾道にいて、僕は藤沢にいる。それぞれの人生がそこにある。でも、僕らは不思議と繋がっている。人と人を隔てるのは距離じゃない。繋げるのも、また距離じゃない。それは心と心が繋ぐもの。深遠なものだ。それは不思議なようでいて、当たり前でもあるのだろう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-06-12 07:18 | diary | Comments(0)
<< ライナーを書こう Nice Baby and t... >>