ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

レディー・レイコ

もしも、この町で一番いい女は誰か?
というアンケートがあったとして、
その栄えある第一位を当てろと言われたら、
僕はすぐにある女性の顔を思い浮かべるだろう。
理由としては、
彼女がずっとこの町に住んでいて知り合いも多いとか、
どうせ彼女の旦那が、
投票する僕らに無言のプレッシャーをかけてきそうだとか、
まぁ、そういった外的要因もあるにはあるが、
ほんとはそんなこと関係なくて、
きっと彼女なら、男だけじゃなく、
同性の票も集めてしまいそうだし、
なにより、あの愛くるしい笑顔を見れば、
誰だって彼女に清き1票を投じたくなることくらい、
僕にもよくわかるのだ。

彼女の名前は、レディー・レイコ。
またの名を、レンコン。
本名は、谷 玲子。
残念ながら、人妻だ。

初めて会ったのは、8年前だか9年前だか。
場所は南口にあるバーのカウンターだった。
美人なのに気さくで、
初対面の僕にも優しくしてくれた。
彼女が微笑むと、その場がぱっと華やいだ。
しかも、頭の回転がよくて、話も面白いときてる。
だから、みんな彼女に会うと夢中になってしまう。
そして、もしあの笑顔を毎日見ることができたら、
どんなにか素敵だろうと願うのだ。

しかし、妄想はここでストップ。
カウンターの中からひとりの男が、
そんな僕らに睨みをきかせているからだ。
男の名はジョージ。
そう、レディー・レイコは、
ジョージの女なのだ。

〜ザ・シーカーズ「ジョージー・ガール」〜

そして時は2013年。
初めて会った日から、
僕らは同じだけ歳を重ねたはずだ。
いろんなことが変わった。
でも、あなたの愛くるしい笑顔は
少しも変わらない。

そして、6月。
この季節の花嫁はジューン・ブライドと呼ばれて、
ちょっぴり贔屓されたりする。
それなら、今夜そんな扱いを受けるべき人が、
ここにもいるんじゃないだろうか。
その人の名は、レディー・レイコ。
またの名を、レンコン。
残念ながら人妻だけど、
彼女の笑顔は、もうジョージさんだけのものじゃない。
この町に住むみんなのものだ。
どうかいつまでも彼女が幸せでありますように。
何事も僕らからあの華やかな笑顔を奪いませんように。

なぜレディー・レイコだけが特別なのだろう?
その秘密を、今夜僕は見つけることができた気がする。
つまり、こういうことだ。
5歳でも15歳でも
20歳でも40歳でも
59歳でも、60歳でも、
いつだって男が憧れるのは、
赤を華やかに纏うことのできる女だからだ。
今宵、たくさんの祝福と感謝と尊敬を込めて、
これからもずっとその笑顔に会えますように。
この町で一番のいい女、
レディー・レイコに乾杯。

〜ハミルトン、ジョー・フランク・アンド・レイノルズ
 「ドント・プル・ユア・ラヴ」〜

(2013.6.23 「たにしろれいこ還暦パーティー2次会」@Bar Cane'sにて朗読)
[PR]
by sandfish2007 | 2013-06-26 09:10 | diary | Comments(0)
<< よかったよかった 根本的な問題 >>