ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

きっといいことある

 ミルクを多めに入れたコーヒー。ケイト・ラズビーの『10』。こんな風に心穏やかな朝は久しぶりな気がする。アルバイト先でのゴタゴタが昨日でどうにか収束し、今日が今のチームへの最後の出勤だからだろう。大きなストレスだったなと改めて思う。せいせいするぜ。

 『10』。ケイト・ラズビーはこの1枚しか持っていないが、大好きなアルバムだ(ちょっと長いけど)。澄み渡るような歌とギター。凛とした佇まい。ブリティッシュ・フォークの伝統。抗えない魅力がある。特に今朝は救われる思いだ。まったく、こんな風に穏やかな朝は久しぶりな気がする。明日はもっといい朝になるはず。

 今日と明日、同じ場所でレコードを回したり、文章を読んだりすることになっている。どちらも楽しみなイベントだ。場所はお馴染み藤沢北口の「バー・ケインズ」。今夜がビトちゃんとヤクのライヴ。2人とも素晴らしいシンガーソングライター。僕はDJを担当する。明日の夜は「ダメ男大祓えナイト」。半年のダメをみんなでお祓いする。僕はDJのひとりで、新しい文章も読むつもりだ。また、最も信頼するソングライターの誕生日も同時に祝うことになっている。50歳だってさ。あの風貌からは信じられないなぁ。

 これでリセット完了。7月になればグリフィン・ハウス『ボールズ』も発売になる。さぁ、気分をあげていこう。6月は散々だったけど、7月はきっといいことあるよね。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-06-29 07:37 | diary | Comments(0)
<< 夏の入口に 締めくくりの夜 >>