ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

夏の入口に

 ほらね、昨日よりもいい気分の朝じゃないか。この数週間ずっと取れなかった背中のだるさも、まだ完全じゃないけど、だいぶ軽くなった。これからもっと軽くなるんだと思う。素敵じゃないか(Wouldn't It be Nice)・・・というわけで、朝ご飯を食べながらビーチ・ボーイズを聴いた。夏はすぐそこまでやって来ているのだ。

 ビーチ・ボーイズは、昨日のDJでもかけた。藤沢が誇る音楽のディープ・スポット「バー・ケインズ」にビーチ・ボーイズは合わないかなぁと思ったのだけど、これが違和感もなく案外によかった。理由はファルセットだろう。この店は元々ソウル・バーだから、メロウ・ソウルのファルセットが沁みこんでいるのだ。

 ヤクとビトちゃんのライヴも楽しかった。ヤクはちゃんと新曲を用意してきてたし、マスターがこっそり録音してたのを後で聴いたら、細かいニュアンスまでしっかり歌いこまれているのがわかって感心した。これならいけるかもしれない。一度ちゃんと録音してみたいね。ビトちゃんは、強烈な個性とエネルギーを発散したワン&オンリーなパフォーマンス。MCも相変わらず面白い。もう完全にスタイルが確立されているので、後はずんずん深めていくということになるのかな。それとも今あるものを手放して、また新しい引き出しを作っていくのか?もしそうなったら凄いなぁ。

 昨日の僕のDJは3セット。最初はブルース。真ん中でルーツ寄りのミディアム・ナンバー。アフターにメロウなウエスト・コースト・サウンド。ビーチ・ボーイズはもちろんアフター・セット。夏の入口と思ってのウエスト・コーストだったんだけど、僕がやるとどうも夕暮れ空になってしまう。きっと人間が切ないのだろう。

 カウンターにはグリフィン・ハウス『ボールズ』が飾ってあった。早速お買い上げもいただき、ありがとうございます。今夜は即席コーナーを設置させてもらうので、ぜひ「ケインズ」へお立ち寄りください。「ダメ男大お祓えナイト」です。上半期の締めくくり。どうぞよろしく。

 MIYAI
f0182140_8452227.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2013-06-30 08:46 | diary | Comments(0)
<< バーの大祓え〜間瀬憲治50歳を祝う〜 きっといいことある >>