ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

バーの大祓え〜間瀬憲治50歳を祝う〜

今日は夏の大祓え。
神社にて輪をくぐるのが本来の習わしだが、
僕らはその代わりに、
音楽を鳴らし、酒を呑む。
というのも、ここは神社ではなくて、
バーだからだ。
バーには普通くぐるような輪などない。
あるとすれば、
それは人と人とを繋ぐ輪だ。
まぁ、あるとすればだけど。

そんなわけで、バーで大祓えをすると、
祓うものも少しばかり違ってくる。
本来であれば、
この半年間の罪や穢れを祓うわけだが、
僕らが祓うのは、己のダメさだ。
というのも、バーに集まる人間というのは、
得てして、己のダメさに戸惑い、
甘んじ、打ちのめされながら、
諦め、そんな自分を受け入れて、
どうにか生きているからだ。
僕らにしてみれば、罪や穢れなど、
この際どうでもいい。
そんなものは、
酒を呑んで清めればいいだけのことだ。

いつから僕らは、
ダメ男と呼ばれるようになったのだろう?
自分をそう思うようになったのだろう?
わからない。
いつの間にか、気がついたら、
そういうことになっていたのだ。

夢を見ることを褒められた子供の頃。
夢を追いかけることが正しいと思えた若い頃。
好きなことをやりつづけるのが幸せだと信じ、
そのままやりつづけて大人になった人達。
「いつまで夢みたいなことを言ってるんだ」。
そう言われても、耳をかさない人達。
耳をかすのが怖いのだ。
彼らのことなら、僕もよく知っている。
でも、それの何が悪い?
何も悪くないさ。
だから卑屈になるなよ。
きっとこの先もうまくなんかいかないけど、
くたびれて、後悔するかもしれないけど、
でも、どうなるかなんて誰にもわからないし、
ひょっとしたら、
ちょっとはうまくいくかもしれないし、
後悔なんかしないかもしれない。
そんなのわかりゃしないよ。
だから、気にすんなよ。
やりたいことやれよ。
なんてことを言う奴は、めでたくダメ男だ。

ダメ男もダメ女も、人並みに歳をとる。
気がつけば、僕は43歳になっていた。
そして、作曲家は今月で50歳を迎えた。
50歳のダメ男、というわけだ。
ダメ男は、ときに「おめでたい」と形容される。
今宵は、バーでの大祓え。
くぐる輪はないけれど、
おめでたい人達で繋いだ輪があるならば、
それに越したことはないだろう。
孔子曰く、五十にして天命を知るという。
でも、そんなこと、
僕らはとうの昔から知っている。
作曲家の天命は、音楽を紡ぐこと。
それ以外にあるわけないじゃないか。
もしそれを疑うのなら、
彼の書いた歌を聴いてみればいい。
お願いすれば、きっと聴かせてくれるよ。
今夜のために書き下ろしてきた新曲を。
後できっと披露してくれるはずだから。

今宵、バーでの大祓え。
おめでたい輪を繋いで、己のダメさを祓う夜。
だから、本来の大祓えの趣旨とは少し、
いや、もしかすると、
大分違ってしまうかもしれない。
でも、それもまたしょうがないのだ。
なぜなら、僕らには僕らのやり方があるからだ。
つまり大切なのは、やりたいことをやる。
ザッツ・オール。

(2013.6.30 「ダメ男大祓えナイト」@Bar Cane'sにて朗読)
[PR]
by sandfish2007 | 2013-07-01 08:22 | diary | Comments(0)
<< グリフィン・ハウスが旅立つ日 夏の入口に >>