ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Downbound Train

 だんだん晴れてきてたりする。ブルース・スプリングスティーンの『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』を聴いて、気持ちを明るくしているところ。このアルバムには優れた歌詞をもった曲が並んでいる。どれも映像的で短編小説のようだ。歌の登場人物の多くは鬱屈し、出口のない世界で喘いでいる。それなのに聴いていて楽しい気分になれるのは、サウンドがポジティヴなエネルギーを発しているからに他ならない。

 『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』が発売されたのは1984年の春で、僕は中学3年だった。夢中になったのは秋を過ぎたくらいからだったろうか。アルバムはベスト・セラーをつづけており、確か2年近くビルボードのトップ10に居座った。シングルが何枚もカットされ、どれもトップ10に入った(でも、なぜかもっとも売れそうな2曲がシングルになることはなかった)。文字通りブルース・スプリングスティーンの歌ばかりを聴いて過ごした数年間だった。『ボーン・トゥ・ラン』や『ザ・リバー』など過去のアルバムを遡って聴き、ラジオからはアルバム『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』の曲が最新のヒット・ソングとして紹介されていた。

 この強烈な光が、後にスプリングスティーンを長らく苦しめることになる。でも、あの時はそんなこと誰も思わなかった。少なくとも僕は思っていなかった。そして、あのときの光は今もまばゆいままだ。但し、光が照らし出すものは時代とともに変わっていった。時代遅れの廃墟に映ったこともあっただろう。そして、今はといえば、とてつもなくリアルだ。

 かつては仕事もあったし、彼女もいた。
 すべてが順調に思えた。
 それから、木材場の仕事がなくなり、
 彼女との間も気まずくなり、
 厳しい時代が始まった。
 今は車の洗浄をして暮らしている。
 そこではいつも雨が降っている。
 落ち目の列車に乗ってるような気がしないか。

 (Downbound Train / Bruce Springsteen)
 
 さて、もうアルバイトに行かないと。今日は妻の誕生日なので、夜は外にご飯を食べに行こうと思っている(幸いにして家庭は今ところうまくいってる・・・と思う)。この町で一番つきあいの長いお店に行くつもりなんだけど、さて、どこでしょう?

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-08-03 09:19 | diary | Comments(0)
<< That's Summ... シッティン・イン >>