ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

36年前の夏も

 エルヴィス・プレスリーの歌が流れる朝。70年代のシングル集。一番好きな「ザ・ネクスト・ステップ・イズ・ラヴ」も入っている。エルヴィスを聴くのは久しぶりだけど、いつでもその歌声は深遠だ。エルヴィスのイメージは、安易に消費され、流布され、商品棚に並べられ、パロディにさえなった。でも、すべてが淘汰されたとき、最後に残るのはこの歌声だ。その大きさは雄大な自然を思わせる。その前で佇む僕らは、ただただ無力だ。

 かつてエルヴィスは、こんなことを言っていたという。「僕が死んでかなりたってから、僕が歌った歌を聴く人達がいるだろう。そういう人達に僕の本当の良さをわかってもらいたいな」。

 エルヴィスがこの世を去った36年前の夏も、今年みたいに暑かったのだろうか。いつの間にか自分の方が歳上になっていることに気がついた。

 音楽は続いていく。たくさんの人の命を渡り歩いて。僕もまたそんな旅路の中で生きているのだと思う。少しくらいは役に立ちたい。
 
 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-08-17 07:18 | diary | Comments(0)
<< 39 Night 気持ちのバランスの取り方 >>