ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

時の流れに

 ロン・セクスミスの歌。淹れ立てのコーヒー。好天。そよぐ風。虫の音。でも、穏やかな朝を迎えることができたのは、昨夜早く寝たからだと思う。

 親父とお袋に会ってきた。先日、法事で会ったばかりだけど、最近は会うといえば法事ばかりで、それもどうかと思い、電車に乗って2人が住む町まで出かけたのだった。昨日も昼間は暑かった。僕らはランチが充実したお寿司屋さんでお昼を食べた後、激安スーパーで買い物をし、あとはお茶やビールを呑みながら部屋で話をした。親父がまとめたアルバムを眺めたり、最近あったことや見聞きしたことを報告し合ったりした。「自分達がふたりとも70代だなんてねぇ。10年先はどうなっているのかしら。10年前はそんなこと考えもしなかった」とお袋が言った。10年前、親父もお袋も60代で孫達も小さかった。僕は30代で独身で、安定した生活なんて興味もなかった。ほんと10年後はどうなっているんだろうね。「10年後はさすがに生活が一変してるだろうなぁ」と親父は言った。そうかもしれないね。生きるってそういうことなんだろうな。でも、きっと大丈夫だよ。なるべく悲しい思いをしないように。できれば穏やかな気持ちでいられるように。そして、ときどき楽しいことがありますように。

 昨日はポール・マッカートニーの新曲「NEW」が発表されたので、帰宅してから繰り返し聴いた。ポールらしい楽しくなるような3分間のポップ・ソングだった。そういえば、ポールとお袋は同い年だ。今度ふたりにもこの曲を聴かせてあげよう。

 前の晩あまり寝られなかったので、僕は少し疲れていた。だから、仕事もそこそこに、食事もそこそこに、僕は寝てしまった。こんなことも10年前にはなかった。でも、気にするなよ。時間の流れは残酷なものじゃない。受け入れていくものだ。コンディションを整えて、やりたいことをつづけよう。
 
 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-08-30 07:19 | diary | Comments(0)
<< センチメンタル 午前5時30分の景色 >>