ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

折り返したばかりのライフ・ゴーズ・オン

 昨夜、家でお酒を呑みながら、ぼんやりとレコードを聴いていた時、ふと何かを思いついた。それはなかなか興味深い内容で(あくまでも僕にとってはだが)、誰かに話したくなるようなものだった。「よし、明日の日記にはこのことを書こう」と僕は思った。でも、言いたいことを正しく伝えるためには、落ち着いて考察するが必要がありそうだった。このとき僕はお酒を呑んでいたから、そういうことはうまくできそうもない。そこで「まぁ、いいや。朝になってから考えよう」と後回しにしたんだけど、ほらね。なんのことだか全部忘れちゃったよ。僕はいつだってそうなんだ。

 結論その1:ほろ酔いのときはいい事思いつく。

 結論その2:そして、きれいに忘れる。

 結論その3:できれば鉄は熱いうちに打て(でも打てない)。

 というわけで、今のところ空っぽな朝を迎えている。ほんとに僕は何を書こうとしていたのだろうか?音楽的なことか?(昨夜はエルヴィス・コステロとドン・ヘンリーを聴いた)、反社会的なことか?(お酒を呑んで気が大きくなってたのかも)、明るい未来についてか?(そんなもんあるのか?)、悲しい噂か?(聞きたくない)、扇風機の清掃方法についてか?(今日やるつもり)、仕事のことか?(サボり過ぎ)。・・・全然わかんないや。もういいや。

 まとめ:酒と寄る年波の合わせ技にはかなわない(経験則)。

 今後もこんな風にしていろんなことを忘れ、諦めていくのだろうか?折り返したばかりのライフ・ゴーズ・オン。
 
 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-09-26 07:44 | diary | Comments(0)
<< 来たるべき跳躍のために ギョーザな夜の顛末 >>