ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

いないといいのだけど

 シェリル・クロウのかっこいい新曲(なのかな?)を聴きながらコーヒーをすする曇り空な月曜日。ほのかに残っている疲れが逆に心地よかったりする。

 昨日の午前中、いつものサイクリング・ロードを自転車で走ったら、月例マラソンの真っ最中だったり、サーフィン大会が3つもやってたりして、見事に人だらけだった。あぶなっかしい人や傲慢な人もいたけど、概ねみんなマナーが良かったので、とりたてて言い争うような姿は見られなかった。走ってるうちに雲はどんどんと遠くへ去って行き、強い陽射しが芋洗い状態のサイクリング・ロードを照らし出した。マラソンの人達はしんどそうだったけど、僕は気持ち良かった。サイクリング・ロードの最後の方は通行止めのままだった。その先のキャンプ場では音楽イベントが行われており、設営されたテントが見えた。僕は海の写真を1枚撮って折り返し、来た道を戻った。サーフィン大会のスピーカーからはあまり趣味がいいとは思えない音楽が流れていた。マラソン大会は最後尾のグループがゴールを目指して走っているところだった。

 午後は実家へ。引越の経緯報告をし、コーヒーを飲んで、ビールを呑んで、天婦羅とお蕎麦を食べた。両親は電車で1本のところに住んでいるのに、なかなかゆっくり話をする機会がない。もう少し会えたらいいなと思った。帰宅すると、遊びに来ていた妻の友人達が帰るところだったので、バス停まで見送った。みんな若くて明るくて元気だ。そんな彼女達に囲まれて、妻も嬉しそうだった。もしほんとに引越せたら、新居にも遊びに来てもらえたらといいなと思った。

 ついさっき、電力会社のおじさんが電気の点検にやって来た。「異常ありませんでした。では、4年後の点検で会いましょう」。おじさんはそう言うとバイクに乗って去って行った。4年後にはここにいないと思うんだけど。いないといいのだけど。

 MIYAI
f0182140_939337.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2013-10-07 09:40 | diary | Comments(0)
<< 勤め人の理想 彼だけにしかできない彼だけのもの >>