ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

世界は刺激で溢れている

 いつから毎朝コーヒーを呑むようになったのだろう。10年ほど前だろうか。その方が体調がいいことに気づいたからだった。多分、コーヒーが刺激物だからだと思う。僕の体はもともとカフェインに弱く、今でもコーヒーは1日に1杯までと決めている。それ以上呑むと具合が悪くなるのだ。それなのにか、それだからか、朝に呑む1杯のコーヒーは、ちょうどいい刺激を僕に与えてくれる。今朝は久しぶりにブラックで。美味い。

 音楽も刺激物だ。聴くと気持ちが良くなるし、体調も上向く気がする。ただ、中には聴くと気持ち悪くなったり具合が悪くなったりするものも多い。清々しい1日を過ごすためには、精査が必要だ。

 お酒も刺激物だ。ただし、これは呑まない方が調子がいい。呑んでいい気分になったりするのは、まやかしだ。翌日になればわかる。それでも酒に手を出してしまう。そこがいい。

 朝にコーヒーを淹れて、「バラカン・モーニング」ではユッスー・ンドゥールが流れ、昼にはポール・マッカートニーの新作を聴いて、夜になったらワインを呑む。いつだって世界は刺激で溢れている。
 
 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-10-24 07:54 | diary | Comments(0)
<< 手段はあるのか もうすぐそこだ >>