ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

小さな自己主張

 今朝もルー・リードからスタート。『コニー・アイランド・ベイビー』なら、今日みたいによく晴れた日の朝でも楽しく聴ける。さぁ、がんばろう。

 ・・・で、なにをがんばるかというと、荷造りである。引越屋さんからダンボール50箱とガムテーブ2個が届いたので、せっせと組み立てて、どかどかっと放り込んで、びびびっと封をする。それから近所のスーパーへ1.5リットル8本用のペットボトルの箱を調達しにいく。アナログ・レコードを入れるのにちょうどいいのだ。

 今の部屋に引越して来て、明日でちょうど2年になる。友達の訃報を知り、最初に彼の好きだったトム・ペティのレコードをかけた。それから引越を手伝ってくれた先輩と近所の中華屋でたっぷりとお酒を呑んだ。この日から彼女と暮らし始め、1週間後に結婚した。冬はちょっと寒かったけど、海が近くて、環境にも恵まれたいい部屋だった(まだ住んでるけど)。今日で10月もおしまい。明日から11月。冬を迎える前には、別の部屋で暮らしているはずだ。

 レコードが終わってラジオをつけたら、ボビー・チャールズの「ハッピー・ハロウィン」が流れてきた。そうか、今日はハロウィンか。後でルーの「ハロウィン・パレード」も聴くとしよう。ちなみに、僕はカボチャが嫌いだ。
 
 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-10-31 07:42 | diary | Comments(2)
Commented by アラン・ボブ at 2013-10-31 10:09 x
リードの死を知った時、「ホワッツ・グッド」を聴き、次の日は、「セットザトワイライトリーリング」から、NYCマンを聴きました。
するとその後、夜勤の間中、頭の中でその曲がリピートされて、延々と鳴り響きました。
少し感覚が、バカになっていたのかも知れません。
でも、リードが死んだのだから、
しばらくの間、バカになっても、良いじゃないですか。
Commented by sandfish2007 at 2013-10-31 11:26
『ニューヨーク』以降は、ほぼアルバムを出すたび日本に来てくれていたこともあり、アラン・ボブさんが聴いた一連の作品は70年代のアルバムとはまた違う思い入れがあります。時間がたてば次第に落ち着いてくると思うので、それまではしばらくの間バカでいましょう。そうしましょう。
<< 今日から11月 What's Good >>