ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ふと考えてしまう

 ネルソン・マンデラが亡くなった翌日、日本では特定秘密保護法が強行採決された。国会前にはたくさんの人達が集まり反対の声をあげた。そうした紛糾の外側で、経済産業省は「原発の再稼働を進める」ことをエネルギー基本計画に明記した。同日、サッカーW杯の組み合わせ抽選会が行われ、我家では小さなクリスマス・ツリーが飾られた。いろんなことが同時に進行していく。明日はジョン・レノンの命日。

 僕は「特定秘密保護法」には反対だ。権力側が自分達の裁量でいかようにも解釈できる内容には、明らかな欠陥があると思う。なぜなら、権力とは暴走するものだからだ。法律はそれを食い止める側面を常に持ち合わせるべきだ。こんな重要な法律を作るなんて、選挙では言ってなかった。それをこんな風に力ずくで押し通すなんて、あってはならないことだ。

 戦後、経済成長を軸に邁進し、膨れ上がり、バブルがはじけた。その後、閉塞感は深まり、気がつけば希望を持つことがこんなにも難しくなっていた。43歳の僕は、ちょうど半分づつ、そんな時代を生きてきたことになる。

 今は強くなければ自分を保つことが難しい。しかし、強さは同時に脆さも生み出す。強くなればなるほど、脆くもなっていく。どうすれば、しなやかに生きることができるのだろう。深まるばかりの息苦しさを食い止めることができるのだろう。そんなことを、ふと考えてしまう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2013-12-07 07:25 | diary | Comments(0)
<< ジョン・レノンの33年目の命日に うってつけ >>