ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ポータブル・レコード・プレーヤーと『マスター・キートン』

 今日ものんびりな朝。キッチンではヴァシュティ・バニアンのファースト・アルバムが流れており、心穏やかなり。

 昨日、近所のワットマンに行くと、中古のポータブル・レコード・プレーヤーが3000円で売ってたので購入し、キッチンに設置した。これからは食事中もレコードを聴けるようになって、とても嬉しい。昨夜はテーブルを挟んで妻と向かい合い、買ったばかりのプレーヤーで主に古いジャズのレコードをあれこれかけながら、真ん中に『マスター・キートン』を積み上げ、ふたりで黙々と読破していった。レコードを聴くのも、マンガを読むのも、ひとりでできることだけど、ふたりでやると、それはそれでひとりのときとは感じが違ったりするのだった。

 さてと、今日も1日のんびりと過ごそう。なにをしようかな。天気がいいから、自転車で海を眺めに行こうか。それとも近所を散策しようか。ギターの練習もしたいな。で、ひきつづきレコードをかけながら、『マスター・キートン』を読もう。これ、すぐれたマンガですね。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-01-06 09:32 | diary | Comments(0)
<< 何度目かの再出発 なんとなく正しい日曜日 >>