ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

今夜も呑もう

 寒い日がつづいている。きっと今日も寒いだろうし、明日も寒いことだろう。路肩の雪もしばらくは残りそうだ。冬なり。

 そんな中、連日お酒を呑みに出かけた。昨年のポール来日を共に楽しんだ仲間で集まり、わいわいとビートルズ談義。べらぼーに安い中華屋さんでたっぷり紹興酒を呑み、お土産もいただき、それはそれは楽しい夜だった。あれだけ呑んで二日酔いにならなかったのも、僕にしてはめずらしい。昨夜は馴染みの店「田火田」が11周年だと聞いて、いそいそと出かけた。店のオリジナル樽酒がふるまわれ(いい香りがした)、居合わせた友人達とあれこれ談笑。熱燗をちびちびやりながら、ぬか漬けと宮島焼(しゃもじのようなものに味噌をのせて焼いたもの)をつついた。平和ないい夜だった。

 これまでの人生の半分以上を酒にまみれて暮らしてきた。なぜ僕は酒ばかり呑むのだろう?酒を呑まないと、人とコミュニケーションがとれないのだろうか?心を開けないのだろうか?そんなことはないと思うのだけど、もしかするとそうなのかもしれない。気がつけば、毎日飽きもせずに呑んでいる。特に理由は思いつかない。なぜだろう?

 若い頃はビールばかりを大量に呑んでいた。今はいろいろ呑むようになった。チェーン店からは足が遠のき、友達の店で呑むようになった。「田火田」と「海樹」では日本酒を呑み、「ケインズ」では焼酎を呑み、「サウサリート」と「ロケット・デリ」ではワインを呑む。銘柄にはこだわらず、「お酒ください(焼酎ください。ワインください)」と言って出てきたものを呑む。ビールはもっぱら家で呑んでいる。

 以前のようにたくさん呑みたいとは思わない。つい呑みすぎてしまうこともあるけど、あくまでも成り行きだ。うまくコントロールできないのだ。まぁ、お酒なんてそんなものだ。今夜も呑もう。

 MIYAI

[PR]
by sandfish2007 | 2014-02-12 07:16 | diary | Comments(0)
<< 空から雪が降るときは セットリストはすぐわかるはずだ >>