ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

希望と可能性

 春めいている。今年は花粉症にさほど悩まされていない…なんて書くと、ひどいことになったりもするのだけど、今のところは。

 今朝もボブ・ディランを。昨日かけた『モダン・タイムス』はあまり朝向きじゃなかったようで、気分が沈んでしまった。なので、今朝は『ニュー・モーニング』をターンテーブルにのっけた。これなら間違いない。いつ聴いても楽しい。

 相変わらず経済的には不安定な生活だが、それでも、ここ数年で結婚し、家を買ったことで、随分気持ちが落ち着いたように思う。ひとりじゃないことと、住むところがあるというのは、やはり大きいようだ。例えば、間違って朝に『モダン・タイムス』を聴いて気分が沈んでも、話し相手がいれば気がまぎれるし、仕事の先行きに不安を覚えても、住むところが確保されていれば安心だ。元気さえあれば、お金なんてどうにかなるもの。朝と晩の食事を一緒に食べる人がいて、家でゆっくり過ごせる時間があることが、不意にありがたく感じられたりする。

 こうした心持ちの変化は、様々な面で僕に影響を与えている。これまでとは違う物の見方、感じ方。そういう自分に気づくと、とても新鮮で、これから先のことが楽しみになる。そんなささやかな希望と可能性に、僕は救われているのだろう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-03-19 07:29 | diary | Comments(0)
<< 40過ぎのパブ・ロッカー ジョーカー・マン >>