ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

40過ぎのパブ・ロッカー

 今日は雨降り。早起きしてからは、だらだらと時間が過ぎていっている。悪くない。

 5月4日にライヴが決まった。馴染みのバーで馴染みの面々とやる。ちゃんと新曲も用意する。今夜はそのためのバンドの練習。「田舎のソウル好きのロック・バンド」というのが、目下のところ、うちのバンドが目指す道なので、そのお手本ともいうべきサウスサイド・ジョニー&ザ・アズベリー・ジュークスのライヴ音源を聴いて、イメージを頭に描いてるところ。これかっこいいなぁ。ローカル・ヒーローというか、垢ぬけてないところが、逆に沁みるんだよな。音楽って不思議だな。

 バンドはとても楽しい。でも、僕だけが飛び抜けてヘタクソだ。今はまだ仲間に入れてもらえているけど、いつまでも上達しないようでは、そのうち声をかけてもらえなくなるだろう。そうならないように練習しよう。俺、がんばろう。

 バンドの名前は「ケインズ・バンド」という。理由は「バー・ケインズ」というお店のバンドだからで、今回のライヴもこのお店でやる。対バンは「田火田バンド」といって、「田火田」というお店のバンド。僕が住む町ではこんな風にバンドをやっているお店が割とある。もしそれぞれがレベルを上げていければ、いつか面白いことができるかもしれない。そんなことを考えるのも、また楽しかったりする。

 今回のライヴのタイトルは「藤沢パブ・ロック・ナイト」という。つまり、僕らは40過ぎのパブ・ロッカーになりたいのだ。いつまでも酔っぱらっていたいのだ。そんな夢を見ていたいのだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-03-20 09:58 | diary | Comments(0)
<< 天からの授かりもの 希望と可能性 >>