ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

お見舞い

 昨日は、入院中の友人の見舞いに行った。手土産に漫画を2冊買って、銀行で野暮用を済ませてから、僕は川沿いの道を自転車をこいで病院へと向かった。とても春らしいうららかな陽気で、桜もあちこちで咲き始めていた。予定より早く着きそうだったので、僕は道すがらのベンチに寝そべって、手土産の漫画を1巻だけ読んだ。花粉症の為、マスクをして帽子も深々とかぶってはいたけれど、明るい陽射しの中でのまどろむような時間は、なんだか懐かしく、やけに穏やかに感じられた。最近、小さなトラブルつづきで固くなりかけてた心が、ゆっくりと溶けていくようだった。

 僕らが訪ねたとき、友人は病院のベッドで音楽を聴きながら本を読んでいた。思っていたよりも元気そうで安心した。僕は手土産の漫画を渡し、「実は1巻しか読んでないんだ。退院したら2巻を貸してくれ」と言うと、「じゃ、ひとまずこれを」と別の漫画を貸してくれた。友人は点滴を押して、僕らを駐輪場のそばの喫煙スポットまで連れて行った。僕らは横一列に並んで、缶コーヒーをすすりながら、他愛のない話をした。空は青く、暖かな風が吹き、咲き始めた桜を揺らしていた。きっと来週には見頃を迎えていることだろう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-03-25 07:34 | diary | Comments(0)
<< インフィデル ALL McCARTNEY >>