ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

インフィデル

 曇り空。鼻も少しばかりグズついている。さっき独り言を口にしたら、なんとなくボブ・ディランみたいだった。そろそろ来日かと思い、『インフィデル』をターンテーブルにのっけた。数あるディランの作品の中でもよく聴く1枚。このアルバム用に録音されたが、結局収録されなかった曲にも佳曲は多い(後に発表された)。それらもひっくるめて大好きだ。

 このアルバムが発売された頃、FM雑誌だったかで、これとポール・マッカートニー『パイプス・オブ・ピース』とポール・サイモン『ハーツ・アンド・ボーンズ』が並んで紹介されていた。記事のタイトルは「ベテラン勢の新作が苦戦」だった。そういえば、そんな時代だったな。この後しばらくディランは迷走することになる。

 僕がボブ・ディランを熱心に聴き始めた頃が、セールス的にも音楽的にも一番盛り上がってなかった時期だと思う。熱心なファン以外はみんなそっぽを向いていたような時に、僕はせっせとボブ・ディランの歌を聴いていた。たまたまなんだけど、そういうのって、けっこう鍛えられる。おかげで、他人に何を言われても好きなものは好きだと言えるようになった。
 
 そんなディランも、昨年にリリースした最新作『テンペスト』は、本国アメリカをはじめ各国でチャートのトップを獲得した。ずっしりとした聴き応えのある作品だが、僕はそれほど回数を聴いていない。つい『インフィデル』をターンテーブルにのせてしまう。今回の来日公演でも、このアルバムからいくつか演奏してくれたら嬉しい。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-03-26 07:12 | diary | Comments(0)
<< 午前4時のポール・マッカートニー お見舞い >>