ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

I shall be released

 今日からボブ・ディランの日本ツアーがスタート。全17公演。ほぼ1ヵ月かけて東京、札幌、名古屋、福岡、大阪とまわる。ポールやストーンズと違い、会場のキャパシティは2500人程度。あのボブ・ディランをそんな狭い場所で観れるなんて、贅沢にもほどあるというもの。僕は4月3日と7日に足を運ぶ予定。とても楽しみだ。ほんとはあと何回か観たいのだけど、ポールの再来日が決まったので、さすがに諦めた。さっき未練がましくヤクオクを覗いたら半額くらいで落札できそうだったので(多分)、興味のある方はチェックしてみるといいかも。

 そんなわけで、今朝もボブ・ディランを聴いている。『プラネット・ウェイヴ』から『ビフォア・ザ・フラッド』へ。どちらもバックの演奏はザ・バンドで、内容は悪かろうはずもない。ずっと聴きつづけているレコードで、これからも聴きつづけるのだと思う。

 今日は朝から穏やかに晴れている。昨日は春の嵐のようだったから、1歩も家から出なかったけど、今日は時間を見つけて散歩かサイクリングに出かけるとしよう。春の陽射しを浴びるのも大切なことだ。マスクして、帽子かぶって。

 窓から見える景色が色づいてきた。すぐ近くに山があり、山桜が咲いていて、とてもきれいだ。15年も海のそばで暮していたから、こういうのがやけに新鮮だったりする。花粉の季節が終わったらハイキングをするのが楽しみだ。

 今、ちょうどリチャード・マニュエルが「アイ・シャル・ビー・リリースト」を歌っている。心を開いていこう。明日から新年度だ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-03-31 09:11 | diary | Comments(0)
<< 新年度 なんとなくボヘミアン >>