ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

非効率的であること

 僕はお世辞にも効率的な人間とは言えない。気が向いたときに一番気が向いたことをするのが(結果的にも精神的にも)いいのだと思って生きてきた。もし僕が今よりいくらかでも効率的な人間であったなら、僕の学校の成績はもう少し良かったかもしれないし、大学の授業にもちゃんと出席したかもしれないし、会社も辞めたりしなかったかもしれない。

 でも、現実はそうじゃなかった。僕は2浪してどうにか大学に入ってはみたが、授業にはほとんど出ず、会社も数年で辞めてしまった。あとは、自分の思うままに生きてきた。思い通りになることはほとんどなかったけど、それは自分が選んでやってきたこと(怠けてきたこと)への代償みたいなものだから、特に気にならない。受け入れるだけだ。

 苦手なのは、発想を遮られることだ。組織はルールにのっとって運営されるから、そのルールを壊すくらいの気概を持てないと居心地が悪い。そんな気概はないから、黙るしかない。で、居心地が悪い。でも、なんとかそこから抜け出したくて、今も好きなことをつづけていられるのかもしれない。少なくとも、気概もないのに居心地が良くなるのは、なんか嫌なのだ。

 正直、40歳を過ぎてから、昔みたいに何に対しても心に負荷をかけていくことができなくなった。多分、これまでの長い時間で、僕の心も体もそれなりにダメージを受けてきたのだろう。傷を癒すことは必要だし、体力を温存するのも大切だ。そう思えるようになっただけでも、大分効率的になった…のかな?

 そんなわけで、先の見通しはなかなかつかないんだけど、今はそういう時代という気もするし、僕だけじゃない。これからも好きなことをやっていこう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-04-17 08:01 | diary | Comments(0)
<< ライナーと帯が届いた これまで通りに >>