ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

R.E.M.を聴きたくて

 最近、ベイスターズが勝ったり負けたりしながらも、チームとしての魅力を放つ瞬間がよくあって、テレビで野球中継があるときは、なるべく観るようにしている。6位と5.5ゲーム差の5位(引き離したぜ)。4位と4.5ゲーム差の5位。(がんばればなんとか…)。Go for It !

 昨夜は野球中継が終わった後、皿洗いをしてから、R.E.M.のCDを何枚か聴いた。素晴らしいバンドだ。最近のお気に入りは『ニュー・アドヴェンチャー・イン・ハイファイ』。僕が20代半ばだった頃に発売されたアルバムで、あの頃のムードなのか、わざとチープな音作りがされている。それが今の時代にはズレているように思えるのだけど、芯が微動だにしないから、そのズレが逆に振り幅の広さになってたりする。最高傑作だとは全然思わないけど、ふつふつとした凄みが伝わってくるアルバムだと思う。彼らのアルバムだと、僕はずっと『ドキュメント』が一番好きなんだけど、もし今まとめて聴き返したら、また違うように感じるのかもしれない。そんな風に思わせるのは、このバンドの深みに他ならない。

 R.E.M.のライヴは1度だけ観たことがある。『アラウンド・ザ・サン』ツアーで来日したときで、会場は日本武道館だった。内省的なアルバムだったし、集まったお客さんの多くも30~40代でやっぱり落ち着いていたけど、ライヴは静かで重たい緊張感から解き放たれるような瞬間の連続だった。顔に青いペイントをほどこしたマイケル・スタイプは、かっこよくて、手を伸ばしても届かない人のように思えた。でも、バンドのサウンドはすぐそばにあって、とてもリアルだった。『アラウンド・ザ・サン』は、今でもよく聴く。いい曲しか入ってない。好きなアルバムだ。

 ニューヨークへ行ったときも、ちょうど早朝のテレビ番組で公開ライヴがあったので足を運んだ。一生懸命早起きして並んだのになかなか始まらず、ニュージャージー行きのバスに乗り遅れそうだったので、結局リハしか聴くことができなかった。バス・ターミナルへ急ぐ道すがら、タイムズ・スクエアのスクリーンにR.E.M.の演奏する姿が映し出されていたのを覚えている。今となっては懐かしい。

 それにしても…、なんでベイスターズの負け試合を観た後にR.E.M.を聴きたくなったのだろう?わかるようなわからないような…。やっぱり、わからないような…。

 MIYAI

[PR]
by sandfish2007 | 2014-07-31 07:37 | diary | Comments(0)
<< 意外と強いのだ ひまわりジャケ >>