ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

意外と強いのだ

 今日から8月。たまには遠出もしたいもの。高原とか。行けるかな。少し考えよう。

 というわけで、昨日は7月最後の日だった。先日、エリック・クラプトン&フレンズの『ザ・ブリーズ』が発売され、「いいなぁ。欲しいなぁ」と思ったんだけど、他にもトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズとかジョン・メレンキャンプとかジョン・ハイアットとか、7月はベテラン勢の新譜がいろいろ発売されていた。ちょっと前にはニール・ヤングが出たし、秋にはライアン・アダムスやジャクソン・ブラウンが待っている。多過ぎて選べないので、どれも買わない気がしてきたな。ニューリリースの音さがしをしている時期は、仕事以外では慣れ親しんだレコードを聴くことが多い。まぁ、いいや。急ぐこともない(聴きたいけど)。

 月末ということで、銀行へ行って、領収書を整理したりと、締めの作業をした。毎度のことながらどんよりした気分になるのだが、ひとまず5月新譜のコリーン・クラークは赤字から脱出することができた。これで次を出すことができる。で、もうちょっと売れたら、ずっと品切れがつづいているエドウィナ・ヘイズを再入荷しよう。

 この前、卸会社から電話があり、アマゾンが「エドウィナ・ヘイズがこのまま入荷しないなら廃盤にするよ」と言ってきたらしい。なんて傲慢なんだ。どうしてそんなことをアマゾンが決めるのだ。腹が立ったので「すぐに入荷すると伝えてください」と言っておいた。いつになるかわからないけど。もうちょっと儲かってからだけど。勝手に廃盤にするな。黙って待ってろ。

 7月はぱっとしなかったけど、8月は盛り返してやる。いい夏にしよう。うちのカタログは、意外と夏に強いのだ。

 MIYAI

[PR]
by sandfish2007 | 2014-08-01 07:11 | diary | Comments(0)
<< 穴倉 R.E.M.を聴きたくて >>