ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

気だるい朝と土曜日の夜

 気だるい朝。熱いコーヒーをすすり、小さく息を吐く。ノラ・ジョーンズがかかっている。気だるい。例えばこれが僕ではなくて、長い髪の美人さんとかだと、なんとも言えず色っぽかったりするのだろうか?

 両手でカップを持ちながら、言葉少なに、物憂げな表情。ふと思い出したように「ねぇ、今日は午後から雨だって。自転車はやめた方がいいわ」なんてことを言ったりする。いいね。朝食は簡素に、トーストとハムエッグ。レタスとキュウリのサラダには、先日行ったビストロのドレッシングをかけて食べる。お箸ではなくフォークとナイフでいただく。「今日は何時くらいに帰れそう?」と聞くので、「わからない」と答えると、「それじゃ困るのよ」とつぶやき、フォークでサラダをつつく。「終わったら電話するよ。今夜は外へ食事に出かけないか?あのスペイン酒場へ行ってみよう。きっといい音楽が聴けるよ」。そう言うと、彼女は顔をあげて、ぱっと明るい笑顔を見せるのだ。いいね。

 …朝からなに書いてんだろ。あほらしい。あー、気だるい。

 今日はほんとに午後から雨が降りそう。自転車ではなく、バスで出かけよう。で、夜はスペイン酒場へいい音楽を聴きに行こう。楽しいことが待ってれば、気だるさだって乗り越えられる。サタデイ・ナイツ・オールライト。土曜の夜は僕の生きがい。

[PR]
by sandfish2007 | 2014-08-09 07:10 | diary | Comments(0)
<< 理由なんかない お祝いの夜 >>