ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

1971年、サンセット・ストリップで

 1971年のサンセット・ストリップにあったタワーレコードの店内の様子を撮影した映像が、フェイスブック上で何人かの友人にシェアされていた。サンセット・ストリップといえば、「ウイスキー・ア・ゴー・ゴー」や「ロキシー」などの有名なライヴ・ハウスがある通りで、いろんな歌の歌詞や映画にも多く出てくるので、耳馴染みはあった。ただ、1971年に既にタワーレコードのようなメガ・ストアがあったというのは、うまく想像できなかった。その頃はアメリカもさすがに小さな町のレコード屋さんが主流だったろうと、勝手に思い込んでいたのだ(実際はそうだったのかもしれないけど)。11分の割と長めの映像だったので、時間のあるときにと思っていて、酔いざめの朝を迎えた今日ようやく見た(映像はこちら→link)。

 広い店内。長髪の男がダンボールの空箱を重ねて通路を歩いていく。セールなのか、あちこちに手書きのプライス・カードを置かれている。「へぇー、こんな感じだったんだ」となんとなく見ていたら、47秒したところで見覚えのあるジャケットが山積みになっているのを発見。

 ジョージ・ハリスンの『オール・シングス・マスト・パス』じゃないか! 

 カメラは様々な角度から山積みとなったこのアルバムを映し出す。男がダンボールを開ける。そこにはこのアルバムが入っていて、さらに山積みされる。男がダンボールをもうひとつ開ける。そこにはこのアルバムが入っていて、もうひと積み。僕はにわかに興奮し、やんやの声をあげ、何事かと駆けつけた妻にも「どうよ!きっと飛ぶように売れてたんだよ!」と見せてあげた。その後もカメラは店内をくまなく回り、レジの場面ではちゃんとこのアルバムが買われていくところが記録されていた(4分40秒)。感涙。

 で、今は『オール・シングス・マスト・パス』を聴きながら、この日記をつけている。僕は満足だ。

 MIYAI


[PR]
by sandfish2007 | 2014-08-31 11:07 | diary | Comments(0)
<< 無常 夜は自由だ >>